OPSホーム>書評目次>101229 プレホスピタルMOOK10 後輩たちに伝えたい救急現場活動のプロの技

101229 プレホスピタルMOOK10 後輩たちに伝えたい救急現場活動のプロの技

評者)モアイソング


プレホスピタルMOOK10 後輩たちに伝えたい救急現場活動のプロの技

編集 安田泰晴
発行者 永井書店
値段 \4,800(税別)
星5点満点 :★★★★4点

書評(360字以内)

 平成3年に救急救命士法施行・救急隊員の処置拡大から日本の救急を取り巻く環境が大きく変化し、現在では包括的指示下での除細動や救急救命士による気管挿管・薬剤投与の実施が可能となり、以前にも増して救急隊員に求められる期待は大きくなっています。観察・処置が拡大されましたが、迅速に適切な医療機関へ搬送する基本は変っていません。現場活動を如何にスムーズかつ効率的に行うかが早期搬送につながります。

 本書は、現場経験豊富な現役の救急隊員が執筆を担当、教科書やテキストには載っていない現場で使える「技」を観察、処置、搬送、特定行為、集団災害の5編でまとめられ、写真を豊富に使い解説されています。地域の特性を考慮し使える「技」を救急活動に取り入れてみてはいかがでしょうか?一部写真のクオリティが低いのと、お値段がちょっと高いのが残念です。

OPS評:私の知っている方がいっぱい書いています。面白いのはその点だけです。私ならもっと違ったものを作る。
写真は見るに堪えないものが散見されます。やっつけ仕事か?


OPSホーム>書評目次>101229 プレホスピタルMOOK10 後輩たちに伝えたい救急現場活動のプロの技


http://ops.umin.ac.jp/

11.9.19/11:32 AM