OPSホーム>書評目次>110315救急救命スタッフのためのITLSアクセス-車両事故における外傷受傷者救出のプロトコール

110315救急救命スタッフのためのITLSアクセス-車両事故における外傷受傷者救出のプロトコール

評者)子だくさん


書名 救急救命スタッフのためのITLSアクセス-車両事故における外傷受傷者救出のプロトコール

翻訳:ITLS日本支部
発行所 メディカ出版
値段 ¥3780
星5点満点 :★★★★☆4点


 この本は自動車事故において要救助者を安全に救助するための理論と実際が書かれた本であり、現在全国で開催されている「ITLSアクセスコース」の教科書でもある。

 特徴としては救助に当たる隊員の安全確保を強調していることであり、救助者が危険に晒されないように細心の注意をはらうことを求めている。事故車の破壊や侵入より事故車の安定化に多くのページを割いていることもこの思想を裏付ける。。

 私は「ITLSアクセスコース」を受講したことがあり、多くの新知見を得ることができた。私の場合はこの本の発刊前の受講であり受講後にこの本を購入したのだが、事前にこの本を購入できればコースの理解もさらに深くなったことだろう。車両事故の救助を頻回に経験する方にはお薦めの本である。

 難を言えば翻訳本のためかページ数(88ページ)に比べ値段が高いことである。

OPS評:いい本です。でも値段高すぎ。適正価格は2000円だな。せいぜい2500円。私の出した「クルマの壊し方」は2300円で150ページです(でも事故車の安定化は書いていません)。


OPSホーム>書評目次>110315救急救命スタッフのためのITLSアクセス-車両事故における外傷受傷者救出のプロトコール


http://ops.umin.ac.jp/

11.9.19/0:04 PM