OPSホーム>書評目次>140614イプシスの刃

140614イプシスの刃

評者)モアイソング


イプシスの刃
8)著者 長根 忠人
9)発行所 文芸社
10)値段 1,200円(税別)
11)星5点満点 :★★★★★5点

京都大学iPS細胞研究所所長の山中教授が2012年ノーベル生理学・医学賞を受賞したことで脚光を浴びた、iPS細胞。本書は、iPS細胞を用いた再生医療を研究する主人公影山亮馬と、その研究を阻止しようとする組織の陰謀を描いた医療SF小説です。著者の長根さんは現役循環器のお医者さんで、本業をこなしながら本書を執筆されたそうです。執筆を決意したのが、知人の言葉「このままでは終われない!」この言葉で心が動いたそうです。日々の生活を平々凡々に暮らしている自分が、ちょっと恥ずかしくなってしまいました。「このままでは終われない!」いい言葉ですね!この言葉をきっかけに、何か始めたいと思います。


OPSホーム>書評目次>140614イプシスの刃


http://ops.umin.ac.jp/

14.6.14/9:58 AM