OPSホーム>救急の周辺> 脳挫傷

脳挫傷

(AEML投稿より 投稿者 versus 玉川)

某工場内において、転落事故が発生!!との通報でした。現場に到着し、バイタルの確認意識はクリアー・脈拍撓骨で84・瞳孔は正常・頭を持ち上げて右膝の痛みと左口腔内の痛みを訴えていた。バイスタンダーに確認した所、高さ1.5mから落ちて左側頭部を地面につけて倒れていたとの事であったので、頚損を疑い四肢の感覚を確認。救急車に収容し、搬送開始し10分経過したころ、両目の共同偏視(右斜視)・右前頭部の痛みと、嘔吐を伴った。脈拍は72回、血圧が衣服が多く脱がす事ができず。意識レベルも、JCS1点となり見る見るうちに悪化していった。(JCS二桁まではいきません)

1)体位管理に問題はなかったか?
2)頭蓋内圧の亢進が原因か?
3)適切な観察は?
4)両目の共同偏視(右斜視)はなぜ?
5)酸素投与は必要であったか?
6)血圧測定は必要であったか?
7)カラーは必要であったか?

診断は外傷性脳挫傷でしょう。痛いところから考えると、右前頭部〜側頭部にかけての脳挫傷。この診断名から、救急現場で行うことは明らかです。

1)head upすべき。 頭蓋内圧亢進の予防。頭蓋底骨折時の感染予防。
2)頭蓋内圧亢進はこの事例の場合短時間で起こっているので、架橋静脈の破綻によるくも膜下出血と脳実質の血管損傷による出血。
3)呼吸停止が最も危険。観察としてはバイタル以外に頭のたんこぶの様子(骨折が触れることがある)、瞳孔反射、瞳孔径、見えるかどうかが必要です。
4)共同偏視。右を向いていました?片目だけなら外転神経麻痺。これは脳圧亢進によって非特異的に見られる。両目とも同じ方向を向いているのなら、視床か被殻の出血が考えられる。動眼神経などの目を動かす神経が出血によって切られるため共同偏視になります。その場合には重症。すぐ血腫除去手術が必要。病院ではすぐCTとって脳外病院に転送したでしょう。
5)SpO2が保たれているのなら必ずしも必要はない。
6)クッシング現象を早く捕まえるために血圧測定は必要です。この患者で血圧が高いのは脳圧亢進のためです。
7)処置に邪魔じゃなければカラーはしておいていいのではないか。呼吸停止になりそうなら処置が優先でカラーはできません。


OPSホーム>救急の周辺> 脳挫傷


http://ops.umin.ac.jp/

07.5.30/11:36 AM