切断創について

(AEML投稿より 投稿者 versus 玉川)

MP関節から皮一枚でつながって、後ろに倒れている 状況だった・・・・」と聞いて、ヤラレタ〜っと思いました。 II課程で、関節はDIP・PIP・MPと、確かに習いはしましたが、使う機会も なく、ほとんど忘れておりましたが、勉強しているやつはきちんと覚えている ものですね。 この用語は医師の間ではあたりまえに使われているのでしょうか。

毎日使っています。
DIP: distal interphalangeal joint 遠位指節間関節
PIP: proximal interphalangeal joint 近医指節間関節
MP: metacarpophalangeal joint 中手指節関節

この事例では、現場到着時顔面蒼白、冷汗が認められ、ショックと判断し、 酸素投与の上搬送したのですが、痛みを訴えているため、生理食塩水での 洗浄はためらわれ、滅菌ガーゼにて保護のみにて搬送したとのこと。 救急車には、切断創洗浄の目的で、生理食塩水500mlを5本積載してある のですが、現場で痛みを訴えながら冷や汗流しているような患者に、遠慮なく 生理食塩水などかけてもよいものでしょうか。

遠慮なくかけていいです。生理食塩水や乳酸リンゲルは痛くありません。一度何かの傷をしたときにやってみたらいいです。それと、目にゴミが入ったときに生食で洗うと思いっきり洗えます。デブリードメントは早い方がいい。

病院までは15分で到着します。やはり医師の下で麻酔をかけないと、あまり にも酷なような気がします。みなさんはいかがしてらっしゃるのでしょう。 痛みも麻痺している状況であれば良いのですが。

切断していると、神経も切られているので、生食程度では痛くないようです。ただ、男は傷を見ると動転してしまうので、目隠しをしましょう。女は大丈夫です。

この手の事例では、「皮一枚でもつながって搬送されてきたほうが良い」と 聞いているのですが、本当にそうなのですか?予後に影響あるのでしょうか。

「皮一枚でもそこから血液が行って助かる組織がある。すくなくともその皮一枚で傷を覆うことができる。先生、ちゃんと書いて下さい。」と、月刊消防「基礎講座」の取材で尋ねた整形外科医は言ってました。

<救急の周辺 目次へ戻る

<OPSホームへ戻る