OPSホーム>OPSインタビュー>051106有働/炭谷:救急救命士国家試験-不安との戦い

051106有働/炭谷:救急救命士国家試験-不安との戦い


国家試験勉強法

081104国家試験"裏"必勝法?! 手技100:ベテラン救急隊員が伝承したい経験と知識(最終回) 現在の救急情勢と目指すべき道(2救急救命士の養成に記事あり) 051105有働裕妃(幌加内)救急救命士国家試験の勉強法null 040131炭谷貴博:救急救命士国家試験の勉強法(炭谷スライド:救急救命士国家試験必勝講座スライド 炭谷動画:必勝講座1 必勝講座2

救命士養成所など

080610田舎消防の救命士養成 061205最大の試練 051106有働/炭谷:救急救命士国家試験-不安との戦い 040131山本正典/炭谷貴博:救急救命士と家族の絆


>051206うどちゃんのでんぷんかき

>051106有働/炭谷:救急救命士国家試験-不安との戦い

>有働裕妃(深川地区消防組合幌加内支署):アメリカの救急

>040131炭谷貴博:救急救命士国家試験の勉強法

写真:炭谷貴博(中頓別)

>051206うどちゃんのでんぷんかき

>051105有働裕妃(幌加内)救急救命士国家試験の勉強法null

>有働裕妃(深川地区消防組合幌加内支署):アメリカの救急

>040131炭谷貴博:救急救命士国家試験の勉強法

2005-11-5 sat 18:03

吉田寿美(歌登)有働裕妃(幌加内)炭谷貴博(中頓別)

有働:楽しかったこと、何かあったかなあ。思い出さないとならないくらいないな。玉川先生より早くアップルストアに行ったくらいかな。秋には渋谷のアップルストアに行ったよ。
炭谷:自分は行って楽しい所より、自分の部屋が溜まり場になっていつも飲んでいたのが楽しかったですよ。自分は酒は飲めないのですけど、雰囲気が好きなので。
有働:自分もそうだ。最初はずっとこもって勉強していたけど、途中から弟子屈の人とかに無理矢理引っ張っていかれた。焼き肉のミンミンとか、養老の滝とか。

炭谷:串焼きの、パレオの中にある、串屋さん、なんだっけ、変な建物で、前から入ると1階で後から入ると3階の。よく行きましたよ。
有働:成績が上向くと金曜日の夜が楽しみになってきてね。

炭谷:夜は飲むぞ、食うぞって言う感じで。

有働:余裕が出て来たんだね。そうだ。居酒屋おっけーだ。

炭谷:そうそう、懐かしい。
有働:屋形船で遊んだこともあるよ。フロアー会で。天ぷらや寿司を食べながらクルージングするんだよ。お台場とか、レインボーブリッジとか。

炭谷:贅沢だね

有働:あれは気持ちがよかったよ。8月の下旬で、何せ総合訓練が終わって開放感もあったし。
炭谷:総合訓練あたりが山って言いますよね。7月。そこを乗り越えられれば何とかなるという。

有働:乗り越えたから今があるんだろうね。
炭谷:気を使うんですよね。シュミレーションって。

有働:ものすごい疲れる。5人一組で隊長やって、実技の効果測定もあって、みんな上手なのに、自分だけへたくそで。

炭谷:でもOKだったんでしょ。
有働:そうだけど、全然ダメ。気管挿管のシュミレーションで、他の人が挿管して自分がチューブの固定をしたんだけど、固定用具の最後の固定、ねじをまわしてチューブを止めるんだけど、それ自分が忘れたんだよ。そしたらその挿管した人が落ちちゃって。ものすごく謝ったんですけど、申し訳ないことしたなあ。
炭谷:俺、入所して思ったんだけど、他の人って入所しちゃうと電話しづらいと思うみたいで全然電話くれないでしょ。あれって電話してほしいよね。いろんな話がしたい。外との繋がりって持っていたいよね。
有働:そうだね。確かに電話はほとんどなかったな。メールが主だった。つらいこととか苦しいこととかは先輩にメールを送ってアドバイスしてもらっていた。「頑張れ」って言われても正直頑張りようはなかったんだけど。

炭谷:メールね、うどちゃんのパソコンメールはうらやましかったな。いろいろメーリングにも入っていて、いろんな人から励ましをもらって。あれって見たら元気になるよね。
有働:そうだね。メールもそうだし、インターネットもそうだった。研修所で出かけられない代わりにあちこちインターネットで見ていた。OPSとかなかそらとか。こんなことやっているんだ、俺がこんなにもがいているのに楽しそうにやっているな。積丹、今年も行けなかった。でも救命士に落ちたらまた行けないかな。ああやっぱり悪いほうに考えてる。

炭谷:積丹は楽しかったよ。
有働:そんなときには買い物。アップルストアとかフジテレビとか行ったよ。上野のバイク街でヘルメットも買ったし。買い物でストレスを発散するんだ。でも買ってくるものって小さいものばかりで、プリンターだったりマウスだったり、iPodシャッフルのケースだったり、結局部屋でできることばかり。ねちねちと。
炭谷:半年間、自分だけの部屋になるから、部屋の中を充実させたいんですよね。
有働:そう。部屋に来る人はみんな「ここで生活できるな」って言う。押入を開けたらカロリーメート10箱とか、グロンサンもいっぱいあって。あの部屋、すごく収納があったんで。お菓子とかもいっぱい。美深の酒井博昭さんからカップラーメンを送ってもらったんでそれも入れていた。かみさんからは幌加内の地方紙を送ってもった。一緒に子供の写真が入っていたり。

炭谷:子供の写真ね。俺、ディスクトップにしていたよ。
有働:子供の写真は額に入れて飾っていた。勉強中に自分の視野に入ると泣いちゃうんで、トイレとか、入り口の近くとか、視野に入らないところに飾っていたよ。それと、ある教授の板書の字は読めないから、ニコンの8倍の双眼鏡も買った。29800円。

炭谷:あの字、読めないんだよね。

有働:あ、楽しかった話だったね、今が一番楽しいかな。
炭谷:俺は東京に行ったのは10年ぶりくらいで、何もかも新鮮だった。電車も新鮮。自分一人で研修所まで行けるのか心配で。でもうどちゃんは毎年セミナーとかで東京に行っているから、そんなこと思わないんでしょ。
有働:そうだね。東京自体は何とも思わなかった。でも入学したとたんに心配になったよ。入学式のときに訓示で「皆さんは自分をなんだと思っているんですか」って話があって、「ここにいても給料は出る。食事も出る。もし救命士試験に落ちても失職するわけじゃない。いいご身分だ」とか言われて。ドッカーン。ショックだったよ。その時から苦しさがはじまったのかな。それから午後のプレテスト。
炭谷:全部そろっているんだ。甘ったれてはいけないということだね。

有働:成績のいい人はそんな訓示を聞いても「何言ってるんだか」と思っていたみたいだけど、俺にとってみれば成績が悪い=給料泥棒って考えちゃう。
炭谷:敏感になってるからね。全て。ちょっとのことでも不安になって。もう救命士受かっちゃった人って、そういう弱いところ見せないでしょう。だから、自分だけなんだろうかと思ってもっと不安になる。
有働:そう。分からないんだ。誰もそんなこと言ってくれないし。「大丈夫だ」ばっかり。その中でも大きな表現で励ましてくれる人がいて、ありがたかったよ。「点数悪い?でも6割行ってるんだろう、だったら受かるじゃないか」とか。

炭谷:それも自信をつけさせて点数を上げる手ですね。ダメだダメだから脱皮しないと。
有働:どこに行っても不安なんだよ。電車に乗っていても買い物してても、常に不安なんだよ。あ、あの用語の意味は何だろうって突然思い出して不安になる。そんなときは携帯している小さなノートにその用語を書いておくんだ。部屋に帰ったらノートを取り出して意味を調べて納得する。俺も単語帳は作ったのだけど、あれ、かさばるので単語帳の代わりにノートにして、必ず携帯していた。

炭谷:俺もやったよ。本を読んでいて分からないところは書き留めておいて後で調べるとか。
有働:全ては努力しかないんだ。不安に押しつぶされないためには努力するしかないんだね。

>051206うどちゃんのでんぷんかき

>051105有働裕妃(幌加内)救急救命士国家試験の勉強法null

>有働裕妃(深川地区消防組合幌加内支署):アメリカの救急

>040131炭谷貴博:救急救命士国家試験の勉強法


国家試験勉強法

081104国家試験"裏"必勝法?! 手技100:ベテラン救急隊員が伝承したい経験と知識(最終回) 現在の救急情勢と目指すべき道(2救急救命士の養成に記事あり) 051105有働裕妃(幌加内)救急救命士国家試験の勉強法null 040131炭谷貴博:救急救命士国家試験の勉強法(炭谷スライド:救急救命士国家試験必勝講座スライド 炭谷動画:必勝講座1 必勝講座2

救命士養成所など

080610田舎消防の救命士養成 061205最大の試練 051106有働/炭谷:救急救命士国家試験-不安との戦い 040131山本正典/炭谷貴博:救急救命士と家族の絆


OPSホーム>OPSインタビュー>0051106有働/炭谷:救急救命士国家試験-不安との戦い