HTMLに纏めて下さいました粥川正彦氏(滝川消防)に感謝いたします

最新救急事情 第3話1999年6月

カルディオポンプはどうなった

旭川厚生病院麻酔科 玉川進 押して引く心臓マッサージ(Active compression-decompression, 直訳すると能動的に圧迫して減圧すること、以下分かりやすくするためカルディオポンプ心マとする)が始めて紹介されたのは1992年、紹介記事が出たのは1996年である。アンブ社から専用装置カルディオポンプ(CardioPump) が出て、救急の雑誌にも関連した記事が多く載った。それから3年。論文数は1996年をピークに減り続けている。血圧が維持できるのは分かっていても、背筋を伸ばして上げ下げするには腰が痛くてかなわない。現在のカルディオポンプ心マの評価はどうなっているのだろうか。 1 事例 事例1:アメリカ1)

まずはカルディオポンプ開発のきっかけとなった有名な事例を紹介する。
65歳のイラン人男性。冠状動脈狭窄で3回の心筋梗塞の既往があり治療中であった。土曜日、夕食後テレビを見ていたところ家族の前で倒れた。CPRに不慣れな息子がマウスツーマウスをやったが反応しない。心マをやってもダメ。息子は6カ月前に母親がやっていた方法を思い出した。それは水洗トイレのプランジャー(排水管が詰まったときに使う、吸盤のお化けに棒が付いたもの)を胸に当てて上げ下げする方法で、すぐさま2階のトイレからプランジャーを持ってきて、救急隊が到着するまでの10分間、心マを行った。救急隊が到着した時点では体動があり、呼吸もしていた。失禁はあったが痙攣はなかった。病院に運ばれ、心筋梗塞の診断で心臓カテーテル検査と血管形成術を受けた。この息子は医師に、冠状動脈疾患治療室(CCU)のベッド横にプランジャーを常備することを勧めた。 報告者であるLurie らは吸盤で胸を引き上げることにより換気できたことが蘇生の要因としている。

事例2:オーストリア[Klintschar, 1998 #185]

良いことばかりでなく、悪いことも起こる。
84歳女性。普通の蘇生法を3分間行ったが反応しないのでカルディオポンプ心マを15分間行った。解剖したところ、心筋梗塞による心臓破裂と心タンポナーデが死因であった。さらに、肋骨の連続した骨折、胸骨骨折、心外膜(心臓を包んでいる硬い膜)・右心室・左右心房・上行大動脈の破裂があり、それらは死亡後に引き起こされたものであった。

もともと心タンポナーデがあって心外膜が風船のように血液でパンパンになっているところにカルディオポンプ心マをしたために、風船が爆発するように心臓も爆発したようだ。高齢の女性で骨も脆かったのだろう。

2 ACD心マに肯定的な意見 動物実験では、カルディオポンプ心マは普通の心マに比べ明らかに循環を改善する[Cohen, 1992 #262]4) 5) 。血圧のみならず、冠状動脈と脳の血流を増やし、呼気中の二酸化炭素分圧を高める(血流増加→肺への血流増加→肺での二酸化炭素放出増加→呼気中の二酸化炭素増加)3) 4) 6) 5) 。さらに胸郭を上げ下げすることにより、1分間に呼吸する換気量も増える4) 。人間においても同様の効果が得られる7) 8) 9) 10) 。これらの利点は胸郭ポンプ説で説明できる。胸郭を引き上げることにより胸腔内は陰圧が高まり心臓に向かって血液がいっぱい流れ込む。そして心臓は血液が充満し、胸郭を圧迫すると多量の血液が全身に回ることになる[Lurie, 1994 #244]11) 。

実際に病院内で心停止を起こした患者に対し10分以内にカルディオポンプ心マを行ったところ、40%の患者で心拍が再開して集中治療室に送られた。普通の心マでは26%しか蘇生できなかった12) 。病院外でも心停止後4分以内にカルディオポンプ心マを開始するなら普通の心マより蘇生する可能性が大きい12) 。24時間後の生存率と退院率でもカルディオポンプ心マが優れている13) 14) 15) 。

3 カルディオポンプ心マに否定的な意見 カルディオポンプ心マをしても蘇生率・神経学的後遺症の率・退院率に全く差がなかったという報告は多い16) 17) 18) 。心停止後4分を超えるとACD心マも普通の心マも差がなくなる12) 。病院内で心停止した報告でも、結局のところ神経学的後遺症と生存の割合は変わらなかった12) 。動物実験でカルディオポンプ心マが有効なのは、若くて生きのいい心臓を無理矢理止めて実験しているからであって、人間のように年老いてヘロヘロの心臓だとそんなにうまくはいかないだろう18) 。

カルディオポンプ心マは疲れる18) 15) 。普通の心マに比べて25%も余分にエネルギーが要る[Shultz, 1995 #236]。カルディオポンプ心マが中断される最大の要因は腕の疲れで、腰の疲れも大きい20, 21) 。吸盤がうまく胸に張り付かない事例が15-17%あり18) 、ちゃんと訓練しないとうまくできない15) 。

4 結論 1)心停止直後ならカルディオポンプ心マは心拍再開に有効
2)心停止から4分以上経っているとカルディオポンプ心マの効果は疑わしい
3)カルディオポンプ心マをやっても社会復帰事例を増やすことにはならないようだ

1) Lurie KG, Lindo C and Chin J: The P stands for plumber's helper. JAMA 1990; 264 (Oct 3): 1661

2) Klintschar M, Darok M and Radner H: Massive injury to the heart after attempted active compression- decompression cardiopulmonary resuscitation. Int J Legal Med 1998; 111 (2): 93-6

3) Cohen TJ, Tucker KJ, Redberg RF, et al.: Active compression-decompression resuscitation: a novel method of cardiopulmonary resuscitation [published erratum appears in Am Heart J 1993 Jun;125(6):1821]. Am Heart J 1992; 124 (5): 1145-50

4) Lindner KH, Pfenninger EG, Lurie KG, et al.: Effects of active compression-decompression resuscitation on myocardial and cerebral blood flow in pigs. Circulation 1993; 88 (3): 1254-63

5) Tucker KJ, Khan J, Idris A, et al.: The biphasic mechanism of blood flow during cardiopulmonary resuscitation: a physiologic comparison of active compression- decompression and high-impulse manual external cardiac massage. Ann Emerg Med 1994; 24 (5): 895-906

6) Lurie KG: Active compression-decompression CPR: a progress report. Resuscitation 1994; 28 (2): 115-22

7) Cohen TJ, Tucker KJ, Lurie KG, et al.: Active compression-decompression. A new method of cardiopulmonary resuscitation. Cardiopulmonary Resuscitation Working Group [see comments]. Jama 1992; 267 (21): 2916-23

8) Pell AC, Pringle SD, Guly UM, et al.: Assessment of the active compression-decompression device (ACD) in cardiopulmonary resuscitation using transoesophageal echocardiography. Resuscitation 1994; 27 (2): 137-40

9) Guly UM and Robertson CE: Active decompression improves the haemodynamic state during cardiopulmonary resuscitation. Br Heart J 1995; 73 (4): 372-6

10) Orliaguet GA, Carli PA, Rozenberg A, et al.: End-tidal carbon dioxide during out-of-hospital cardiac arrest resuscitation: comparison of active compression-decompression and standard CPR. Ann Emerg Med 1995; 25 (1): 48-51

11) Tucker KJ and Idris A: Clinical and laboratory investigations of active compression- decompression cardiopulmonary resuscitation [editorial]. Resuscitation 1994; 28 (1): 1-7

12) Lurie KG, Shultz JJ, Callaham ML, et al.: Evaluation of active compression-decompression CPR in victims of out-of- hospital cardiac arrest [see comments]. Jama 1994; 271 (18): 1405-11

13) Cohen TJ, Goldner BG, Maccaro PC, et al.: A comparison of active compression-decompression cardiopulmonary resuscitation with standard cardiopulmonary resuscitation for cardiac arrests occurring in the hospital [see comments]. N Engl J Med 1993; 329 (26): 1918-21

14) Tucker KJ, Galli F, Savitt MA, et al.: Active compression-decompression resuscitation: effect on resuscitation success after in-hospital cardiac arrest. J Am Coll Cardiol 1994; 24 (1): 201-9

15) Plaisance P, Adnet F, Vicaut E, et al.: Benefit of active compression-decompression cardiopulmonary resuscitation as a prehospital advanced cardiac life support. A randomized multicenter study. Circulation 1997; 95 (4): 955-61

16) Schwab TM, Callaham ML, Madsen CD, et al.: A randomized clinical trial of active compression-decompression CPR vs standard CPR in out-of-hospital cardiac arrest in two cities [see comments]. Jama 1995; 273 (16): 1261-8

17) Kern KB, Figge G, Hilwig RW, et al.: Active compression-decompression versus standard cardiopulmonary resuscitation in a porcine model: no improvement in outcome. Am Heart J 1996; 132 (6): 1156-62

18) Stiell IG, Hebert PC, Wells GA, et al.: The Ontario trial of active compression-decompression cardiopulmonary resuscitation for in-hospital and prehospital cardiac arrest [see comments]. Jama 1996; 275 (18): 1417-23

19) Shultz JJ, Mianulli MJ, Gisch TM, et al.: Comparison of exertion required to perform standard and active compression-decompression cardiopulmonary resuscitation. Resuscitation 1995; 29 (1): 23-31

20) Baubin M, Schirmer M, Nogler M, et al.: Rescuer's work capacity and duration of cardiopulmonary resuscitation. Resuscitation 1996; 33 (2): 135-9

21) Baubin M, Schirmer M, Nogler M, et al.: Active compression-decompression cardiopulmonary resuscitation in standing position over the patient: pros and cons of a new method. Resuscitation 1997; 34 (1): 7-10



<最新救急事情目次へ