HTMLに纏めて下さいました粥川正彦氏(滝川消防)に感謝いたします

最新救急事情2000/04月号

子供は死んではいけない

 何回遭遇しても嫌なのが子供の死であ る。家族の泣き叫ぶ声が聞こえてくる。 子供は未来であり希望である。死ぬ順序 を間違えてはいけない。 事例:北海道小樽市  「四歳女児の呼吸がない」との通報で 出動した。通報時、指令員はCPA状態 と判断しCPRの口頭指導を行った。出 動後、幼児の救命処置可能な直近病院の 選定を指令係に指示した。

 現場到着時、女児にはソファーの上で 母親によりCPRが行われていた。JCS300、 呼吸感じず総頚動脈触れずCPA状態で、瞳孔散大対光反応なし。前 頚部に細い索状痕を認めたが、気管変形 はなくバッグマスク換気も良好であっ た。母親によると「ベッドの上で飛び跳 ね遊んでいるのは分かっていたが、別室 で30分ほど家事を行い寝室に行くとベ ッド横窓のロールアップカーテンの紐で 首を吊っている状態を発見した。すぐさ ま降ろし119番通報、CPRを指導さ れたので無我夢中で行った」と聴取した。

 同じ年頃の子供を持つ私もその親の気 持ちが痛いほど分かり、必死の思いでCPR を行った。直近病院が収容可能と無 線があり、迷わず女児を抱え車内搬入を した。バッグマスクに酸素接続しCPR を継続、心電図測定を行ったが心静止で あった。女児の足にすがり泣き叫ぶ親は 回復することだけを願っていたに違いな い。我々にできる処置を必死で行う気持 ちを伝えるのが精一杯であった。

 病院到着時、呼吸脈拍は回復せず搬入 となった。院内処置中心拍が再開したが、 10病日後蘇生後脳症にて死亡退院とな つた。

 やるせない気持ちをぶつけるところは ない。必死の思いでCPRを行ったのに。 スクープアンドランで直近病院に収容し たが、本当によかったのだろうか。チェ ーン・オプ・サバイバルもうまくいっ た。しかし、発見までの最長30分とい う時間は本当に惜しい気がする。

 子供の事故というのは思わぬところで 起きてしまう。しかし、事が起きてしま ったときに通報はされるもののCPRが 行われていることは少ない。呆然と立ち 尽くしているか、子供にすがり名前を叫 んでいることが多いのではないか。

 通報時のCPR口頭指導は実施率を高 めるのに有効である。我々救急隊はその CPRを引き継ぎ、最大限の努力をする。 そして処置拡大が叫ばれる中、我々救急 隊員が短時間で容易に行える手技で、か つ継続性のある処置の拡大を望むもので ある。

小児CPAの現状 1995年、カナダのトロントでCPAで 発見された平均2歳の101人を追 跡した研究によれば、64人に心拍が得 られた。しかし、生存退院は15人 (15%)であった。そのうち神経学的後遺 症が残らなかったのはわずかに5人 (5%)で、5人全員発見時に心拍が残 存していた。残り10人中、2例は1年 以内に死亡し、2例は全くの植物状態、 その他6例も軽微から重篤な後遺症を残 している。

 99年、17歳以下300CPAを対 象とした研究では、60%以上で心肺停 止時に家族が近くにいたにもかかわら ず、CPRを行ったのはわずか17%で あった。

 83年に同様の研究が報告されて以 来、生存退院率は2−21%の間にとど まっている。小児病院外心停止の治療に 進歩はないのである。

どんなCPA患児が助かるか  助かる最も大きな要因としては、病院 到着前に蘇生に成功することで、次いで 心肺停止から病院到着までの時間が短い こと、到着時脈拍が残っていること、救 急室で短時間に蘇生すること、蘇生時に エピネフリンの使用量が少ないこと、気 管内挿管を行ったこと、等が挙げられる。 蘇生に20分以上を要した症例では生存 退院した患児はいなかった。 我々の行うべきこと  第一にうつ伏せ寝追放キャンペーンな どの啓発活動。

 第二にCPRの普及。子豚を窒息させ CPRを行ったところ、24時間後の生 存率は人工呼吸と心臓マッサージ(心マ) を行った群が80%(後遺症なし70%) 、心マのみが21%(同7%)、人 工呼吸のみが14%(同14%)、何も しないと25% (同0%)であった。こ の結果からはABC揃ったCPRが必要 であるといえる。  第3に救急隊員の手技の向上。成人の CPA症例に比べ、気管内挿管や血管確 保の率は小児CPA症例で明らかに少な い。脛骨骨髄輸液を積極的に行っている ところもあり、そこでは85%の小児で 血管確保に成功している。これは「弁慶 の泣き所」に針をねじ込む方法で、慣れ れば数秒で成功する。

結 論
(1) 小児病院外CPAの状況は一七年前から進歩せず悲惨なままである。
(2) 心拍があれば蘇生の可能性はある。
(3) 骨髄輸液は検討すべき手技である。

 本稿執筆に当たっては、北海道小樽市消防本部・川崎信夫救急救命士の協力を得た。

〈引用文献)
 1)N Eng J Med 1996;335(20):1473−9
 2)Ann Emerg Med 1999;33(2):174−84
 3)Ann Emerg Med 1995;25(4):495−501
 4)Crit Care Med 1999;27(9):1893−9
 5)Ann Emerg Med 1997;29(6):743−7
 6)Pediatrics 1995;95(6):901−13

     文−玉川 進 旭川厚生病院麻酔科



<最新救急事情目次へ