OPSホーム>最新救急事情目次

最新救急事情目次

以下は東京法令出版発行の月刊消防に連載された原稿です。

161024_i-gelの評価

161024意識障害だけではない糖尿病の恐さ

160808CPRをする側のトラウマ

160808 子供の胃腸炎では好きなものを飲ませよう

160605病院外出産は保温が全て

160605バイタルサインより年齢

160605今注目の糞便移植

160306平熱低体温療法

160306 心肺蘇生ガイドライン2015他の注目点

160306 心肺蘇生ガイドライン2015概要

151227 朝食をちゃんと摂ろう

151227研究と臨床

151105胸骨圧迫の中断を最小限にする努力を

151105 救命講習で使えるネタ3本

151105キシリトールにははっきしりた虫歯予防効果はないらしい

151105 乳酸リンゲル液の立場

151105 新しい方法はなかなか出てこない

151105ビデオ喉頭鏡の評価

151105 ガイドライン2015の展望

151105自動胸骨圧迫機ルーカス2の評価

151105脳梗塞のトピックス

151105また出て来た高濃度食塩水輸液

151105ショックのタイミングとメタアナリシス

151105救急隊によるブドウ糖投与

150702腰痛の時のステロイド療法

150702救急隊によるブドウ糖投与

150702CPRファーストとショックファーストとメタアナリシス

150702また出て来た高濃度食塩水輸液

150702脳梗塞のトピックス

150702自動胸骨圧迫機ルーカス2の評価

150702ガイドライン2015の展望

150702ビデオ喉頭鏡の評価

150702新しい方法はなかなか出てこない

150702乳酸リンゲル液の立場

150702キシリトールにははっきしりた虫歯予防効果はないらしい

140808胸骨圧迫5原則

140808健康と病気の境目

140727脳低温療法は有効なのか

140727 アドレナリンは1ヶ月後の生存率を向上させるという論文

140727AED:技術と配置

140727 口頭指導で直面する問題

140727統合失調症の原因

140727脊髄損傷からの機能回復

140726学校での心停止

131107 口頭指導は胸骨圧迫だけにすべき

131107口頭指導と小物の効果

130807CSRMベーシックガイドと外傷カクテル

130807胸骨圧迫機「ルーカス」

130614自己評価の信頼性

130406胸骨圧迫の中断時間は転帰と無関係

130301 救命士の点滴は有害かもしれない

130130 チューブはマスクに劣る

121225胸骨圧迫のみの蘇生が日本でも好成績

121125 点滴ルートの確保と維持

121103住む場所を選び死ぬ場所を選ぶ

120926 長時間循環停止の生還例

120903腹臥位での心肺蘇生

120722胸骨圧迫:生存率は変わらない

120810溺水では最初に人工呼吸5回

120721胸骨圧迫:「少なくとも」100回は嘘?

120609小学生に心肺蘇生法を教える

120527アドレナリン使用は死亡率を上昇させる

120304 「救急隊員の救急蘇生」報告書から

120207ガイドライン2010豆知識

120106年齢別の胸骨圧迫

111203過換気症候群と紙袋

111105公衆AEDの現状

11102CPRファーストは無効

111018胸骨圧迫の方法

110804G2010:フェイスシールド廃止は希望的配慮

110707G2010:胸骨圧迫5cmの理由は

110605G2005は有効かもしれない

110507G2010急性冠症候群

110403G2010普及と教育

110223 G2010:二次救命処置ALS

110124G2010:小児の蘇生

110114ガイドライン2010:AED

101217ガイドライン2010概略

101217 CPRファーストの効果

101217 G2010 小児領域の動向

100912通報時間短縮は難しい

100812_G2010:応急処置

100811児童虐待を発見するために

100810蘇生小物の評価

100516ガイドライン2010(5):やはり薬剤救命士はいらない

100416薬剤救命士はいらない

100316ガイドライン2010(4) ショックまでのCPR時間が延びる?

100206ガイドライン2010(3)胸骨圧迫についての議論

100129ガイドライン2010(2)バイスタンダーのための人工呼吸廃止

091215ガイドライン2010(1)ガイドラインの方向

091104ゴールデンアワーは根拠なし

091002ネックカラー新時代

090904ガイドライン2005の効果

090807エピペンと救急隊

090712ガイドライン2010:バイスタンダーは人工呼吸不要

090607蘇生しないでください

090509院内救急蘇生チームへの評価

090404シンシナチスケールは役立たない

090313バックボードに代わるもの

090208 Z字移動が最も危険な手技

090106CPRファーストは有効なのか

081205腹を押す人工呼吸

081104血管疾患と酒・たばこ

081004脳梗塞患者には酸素投与は原則禁忌

080910急がば回れ・啓蒙活動

080807脳卒中救急の現状と課題

080704自宅AEDの相談を受けたら

080601「手だけのCPR」解禁

080501さらば バックバルブマスク

080413蘇生に家族が付き添うということ

080306助かるPEAは本当にPEAなのか

080209今年のトレンドはこれだ

080106高齢化社会での救命講習

071205ガイドライン2005を取り巻く諸問題

071104 Scoop and Runを考える

071003公衆AEDの今

070904病院前薬剤投与は無効

8月は紙面が足りなくてお休み

070704「病院前ACLS有効」は統計のマジック

070602銃創と全身固定

070501消える人工呼吸

070407効果的なセミナー教育

070310除細動直後心マだけで蘇生率アップ

070205オーバートリアージが人々を救う

061230薬剤投与につきまとう不安と不満

061205心マの小物は当てにならない

061102 上手な気管挿管

061005蘇生できない症例

060903小学1年生からの救命講習

060731論文の中の消防士

060706日本版救急蘇生ガイドライン

060604心マのみCPR再考

060504エピネフリンだけは救えない

060329気管挿管の現在

060303トリアージは誰がやっても同じ

060201新しい応急処置

051203変わる救命講習

051101 心マなくして蘇生なし

051004現場についたらまずCPR

050902心マ:呼吸=30:2

050805全脊柱固定の脊損防止効果は未確認

050606やると難しいCPR

050308 自動体外式除細動器で変わる救急現場

050106マニュアルに書いていないこと

041107病院前ACLSは無意味

040804 Load and Goの意味

040703常識は変わる

040408男性更年期

040208小児心肺蘇生プログラム

031203経験と教育

031005再び気管挿管を考える

030803除細動前のCPRは有効である

030609医療従事者と喫煙

030403小児救急医療の危機

030205除細動は二相性へ

021121エビデンスって何

021008全ては標準化へ

020609テロリズム:終りは決して来ない

020330気管内挿管は有効か

020131心蘇生-アメリカの視線

011126炭疽菌最前線

010928隊員の手の届かない重症外傷

010218ガイドライン 2000とバイスタンダー教育

010109救急隊員の教育

0109うつ病の現在

0107山岳と救急活動

0103意欲と教育制度

0102転院搬送の問題点

0101言葉の壁・医療の壁

0012医師を呼ぶタイミング

0011精神科救急 人権・人権・人権

0010自殺・救急隊のすべきこと

0008動物に気を付けろ

0007現場は危険がいっぱい

0006溺水の生死は救急隊次第

0005ヘリは救命率を向上させるか

0004子供は死んではいけない

0003ハイムリック法と掃除機

0002神様仏様ボスミン様

0001CPRをやめるとき

9912点滴か、病院か

9911医師から見た病院実習ガイドライン

9910除細動のボタンは誰が押す?

9909腰痛の予防策は

9908脳低温療法の明と暗

9907感染症があなたを狙っている

9906カルディオポンプはどうなった

9905マウス・ツー・マウスはいらない

9904コンビチューブが食道を裂いていく


OPSホーム>最新救急事情目次


http://ops.umin.ac.jp/