OPSホーム>投稿・報告一覧>救急隊員のための基礎講座 番外編

AEMLデータページから引っ越してきました

HTMLにまとめて下さいました粥川正彦氏に感謝いたします


救急隊員のための基礎講座 番外編

昏睡事例

玉川先生が月刊消防で載せる予定であったがスペースがなくて載せられなかった原稿です。

事例1:低血糖発作

低血糖発作。65歳女性。経口糖尿病薬投与中。朝食、昼食ともいつもと変わらない様 子だった。夕食の準備をしている最中、突然意識消失し台所に倒れ込んだ。救急車で 来院。呼べば目を開けるが、会話はできなかった(JCS20)。血糖を測ったところ40mg/ dLであり、ただちに50%ブドウ糖40mLを静注した。患者は2分後に意識を取り戻した。 その後ブドウ糖液を点滴した。患者の話では、「今までに発作を起こしたことはない。 医者からあめ玉をなめろとは言われていたが、今回は空腹感やイライラ感はなく突然 意識が遠のいた。最近違う薬に変わったわけではない」とのこと。太ってもいいから 食事を作りながらつまみ食いをすることを勧めた。

事例2:ケトアシドーシス性昏睡

ケトアシドーシス性昏睡。12歳男子。暑い夏の日に、スポーツをしていた。その後も 屋根裏部屋に閉じこもり、あまり出てこなかったらしい。呼んでも部屋から出てこな いので家族が覗いたところ、意識消失した男子を発見した。来院時、痛覚刺激にわず かに腕を動かす程度(JCS200)。それも1時間後には動かなくなった。血糖は450mg/dL、 ケトン体強陽性。ただちにインシュリン投与と輸液を開始した。CTでは脳浮腫が確認 された。脳の浮腫は日を追ってひどくなり、1週間後には脳回(脳のひだ)が全く見え なくなった。その後男子は脳死と診断された。

昏睡が糖尿病の初発症状であった。もともと潜在的には糖尿病を持っていたのだろう が、脱水を契機に発症したものである。家族もよそよそしい感じで、家族がちゃんと 気を付けていれば少なくとも死ぬことはなかっただろう。

事例3:高浸透圧性昏睡

高浸透圧性昏睡は、長い期間をかけて意識が変容していくことが多い。50歳女性。配 偶者は死亡。義母と二人暮らし。2年前から糖尿病の診断で投薬を受けていたが、血 糖のコントロールは不良で、紹介入院による生活指導を勧められていた。1カ月前に 同居している義母が体調を崩した。2週間前から患者は義母によそよそしくなり、1 週間前から義母に「あんたがいるから私は病気になるんだ」「死んでしまえ」などと 暴言を吐くようになった。常に落ちつきがなく、夜も家庭内をうろついた。それでも 食事は作っていたものの、息子が里帰りした受診当日には料理も作らず文句ばかり言っ ているので、息子が近所に相談し、病院に電話をしてきた。近所の人も数日前から何 となく変だ思っていたらしい。はじめは「変なので入院させて欲しい」との話だった ので、てっきり老人の社会的入院だと思った。

息子の車で来院。意識はあるが軽い失見当識を認めた(JCS2)。血糖は425mg/dLで、ケ トン体は認めなかった。ただちにインシュリンの持続投与と輸液を開始し、翌日には 意識は清明となった。患者はおとなしい感じの人で、入院前3日間のことは全く覚え ていなかった。暴言については、機嫌が悪かったと答えた。


OPSホーム>投稿・報告 一覧>救急隊員のための基礎講座 番外編


http://ops.umin.ac.jp/