OPSホーム>投稿・報告一覧>ツーウェイチューブ挿入困難の1例〜その原因と対応策について

AEMLデータページから引っ越してきました

HTMLにまとめて下さいました粥川正彦氏に感謝いたします


原著・投稿

ツーウェイチューブ挿入困難の1例〜その原因と対応策について

北海道・留萌消防組合消防本部
   中路和也・梅澤卓也・三好正志・柴崎武則・中黒康二・大川寿幸
留萌市立総合病院麻酔科
   玉川進
留萌市立総合病院院長
   西條登
     著者連結先:〒077北海道留萌市高砂町3−6−11

1 はじめに

 ツーウェイチューブ挿入時には抵抗を感じ ることが多い1・2)。抵抗なくスムースに挿入で きれば迅速かつ安全な気道確保が可能とな る。ツーウェイチューブ挿入困難のためラリ ンゲアルマスクに切り替えて気道確保した症 例を観察し、挿入困難の原因と対策について 考察したので報告する。

 なお、本症例は、留萌市立総合病院におい て救急救命士の就業後病院研修時に経験した ものであり1,3)、医療行為は医師によってなさ れた。

2 症例  54歳男性。足関節の手術が予定された。患 者には医師が本研究の目的と危険性を十分説 明し、ツーウェイチューブにて全身麻酔を行 うことを説明し同意を得た。

 全身麻酔導入後、レントゲン透視下で患者 の頭頚部側面を観察しながら下顎と舌根を垂 直に持ち上げツーウェイチューブを挿入した ところ、抵抗があり挿入困難であった。これ は食道内に挿入されているチューブの先端が 食道前壁に当たり、直進的ではなく斜めに食 道を押し広げていたためであった(写真1)。

写真1拡大

挿入を断念し、ラリンゲアルマスクによる気道 確保に切り替えた。ラリンゲアルマスクはスム ースに挿入でき、換気が確認できた(写真2)。

写真2拡大

3 考察 (1)ツーウェイチューブ挿入困難の原因について
 ツーウェイチューブは、盲目的に挿入でき る4)ことが利点とされている。また、ラリン ゲアルマスクと比較すると頭位の変換も必要 ないことから、救急救命の現場で広く用いら れている。しかし、挿入に当たっては抵抗を 感じる場合が多い1・2)。

 標準タイプのツーウェイチューブは彎曲が 強く、また先端部が14.5×13.8mmと太く硬い。 本症例ではチューブの先端が食道前壁に当た った状態で斜めに食道を押し広げていた。こ の状態で無理に押し進めた場合、食道穿孔の 恐れがある。

(2)ラリンゲアルマスクの挿入が容易であった理由
 頭部後屈で気道を確保し、ラリンゲアルマ スクを盲目的に挿入したところ容易に挿入で きた。ラリンゲアルマスクはカフが柔らかく 食道に入る部分が少ない。さらに気管口を被 うので、食道に無理がかからないことも容易 に挿入できた理由と考えられる。

4 結論  ツーウェイチューブがスムースに挿入でき ず抵抗があるときには、チューブの湾曲と食 道の向きを考えて、やや後屈に頭位の変換を する。それでも抵抗のあるときは食道等の損 傷を避けるために無理に押し込まず、抜管し てバッグマスクで換気し、他の方法としてラ リンゲアルマスク等による気道確保を行う必 要がある。 【文 献】
1)中路和也,梅澤卓也,三好正志,他: 2Wayチューブ挿入に関する臨床的研 究.第24回日本救急医学会救急隊員部会 学術総会抄録集1996.
2)鈴木孝,須藤和則,廣田幸次郎,他: コンビチューブによる人工呼吸管理例. プレ・ホスピタル・ケア1994;7(2): 139−144.
3)梅澤卓也,中路和也,三好正志,他: ツーウェイチューブ挿入におけるカフ容 量とリーク率の変化.プレ・ホスピタ ル・ケア1996;9(4):51-53.
4)Kendall Sheridan healthcare products company:COMBITUBE Esophageal tracheal double lumen airway with X− ray line,1995.
OPSホーム>投稿・報告 一覧>ツーウェイチューブ挿入困難の1例〜その原因と対応策について


http://ops.umin.ac.jp/

06.10.28/3:34 PM