OPSホーム>投稿・報告一覧>ツーウェイチューブの固定位置を決定する方法

AEMLデータページから引っ越してきました

HTMLにまとめて下さいました粥川正彦氏に感謝いたします


原著・投稿

ツーウェイチューブの固定位置を決定する方法


北海道・留萌消防組合消防本部:著者連絡先:〒077−0021北海道留萌市高砂町3−6−11
   三好正志・梅澤卓也・中路和也・柴崎武則・中黒康二・大川寿幸
留萌市立総合病院麻酔料
   玉川進
留萌市立総合病院院長
   西條登

  はじめに

 留萌消防組合消防本部では、救急救命士の就 業前教育と、その後6カ月ごとの生涯教育を、 留萌市立総合病院において実施している。この 教育期間では、テーマを決めて医療従事者の一 員としての知識と技術を習得することを目的と している1)。

 特定行為時にツーウェイチューブを使用した 際、門歯が挿入マーク範囲内で固定されない症 例が多いことに気づいた。そこで外見上で咽頭 カフの固定位置が推測できれば、挿入マーク範 囲外で固定されている場合の不安が解消し、ひ いては迅速確実な気道確保が行えると考え、研 究を行った。

対象と方法  全身麻酔下で2時間以内の手術が予定され た、身長147cm以上の患者16名を対象とした。 患者には、医師から研究についてのインフォー ムドコンセントがなされた。医師が挿入などの 医療行為を、救急救命士が計測を行った。

 患者を高さ5cmのドーナツ型円座を枕とした 仰臥位で麻酔を導入。その後、外見上から咽頭 カフ先端を甲状軟骨頭側縁に合わせる。これに より咽頭カフ位置が決まる(図1)。

図1拡大

次に咽頭 カフを固定したまま、コネクター側チューブを 下顎角に合わせながら屈曲させ門歯に合わせ る。この位置が予想される挿入固定位置で、安 全ピンを付け目印とする(図2)。

図2拡大

 安全ピン上部を握り、正中位で盲目的に安全 ピンまで挿入、両カフに規定量の空気を注入後、 X線透視で咽頭カフが舌骨の背側に位置してい ることを確認する(図3)。

図3拡大

 その後、推測固定位置と門歯固定位置の差を 計測する。

結果  安全ピンと門歯の差がなかった症例が4例。 安全ピンより浅く固定された症例が12例で2、 3、4、6、7mmが各1例の5例、5mmが7例 であった。なお、安全ピンより深く挿入された 症例はなかった。

 最小誤差はOmm、最大誤差は7mm、平均誤差 は3.5mmであった(図4)。

図4拡大

考察  ツーウェイチューブで最も重要なことは、確 実な換気である。そのためには、咽頭カフの適 切な挿入位置2.3)が求められる。挿入範囲マー クは、取扱説明書に記載されている唯一の挿入 基準4・5)である。鈴木ら6)によると、ツーウェイ チューブを盲目的に挿人した際、挿入マーク範 囲前で固定される。これは、我々の報告2・3)で も同様である。今までの挿入範囲マークにこだ わる手技では、深く挿入してしまうため、空気 を注入すると咽頭カフが喉頭部を著しく圧迫し 後に狭窄を引き起こす可能性があり2・3)換気に 不安を感じる。

 我々は、咽頭カフ位置と挿入方法に着目した。 挿入前に門歯での固定位置を推測したところ、 わずか3.5mmの誤差でチューブは固定され確実な 挿入と良好な換気が得られた。また、慣れれば 計測による換気中断時間も数秒で済んだ。

 また、空気注入によりチューブが5mm程度持 ち上がることがあった。これはカフが膨れチュ ーブを押し戻すためであることが、X線透視に より分かった。このため、若干深めに挿入する 必要がある。

結論  この方法によれば、平均3.5mmの誤差で挿入 することができる。したがって、挿入マーク範 囲にこだわることなく、本法で位置を決めるの がよい。 【文 献】
1)柴崎武則,梅澤卓也,中路和也,他:留萌 消防組合における救急救命士の就業前教育と 生涯教育.北海道救急医学会第7回救急隊員部 会研修会抄録集1996.
2)梅澤卓也,中路和也,三好正志,他.ツー ウェイチューブ(コンビチューブ)挿入にお けるカフ容量とリーク率の変化.プレ・ホス ピタル・ケア1996;9(4):51−53.
3)中路和也,梅澤卓也,三好正志,他:ツー ウェイチューブ(コンビチューブ)挿入に関 する臨床研究.プレ・ホスピタル・ケア 1997;10(2):37−42.
4)Kendall Sheridanhealthcare products Company:COMBITUBE Esophageal tracheal double lumen airway with X−ray line.1995.
5)日本光電株式会社:食道閉鎖式コンビチュ ーブ取扱説明書.1995.
6)鈴木 孝,須藤和則,廣田幸二郎,他:コ ンビチューブによる人工呼吸管理例.プレ・ ホスピタル・ケア1994;7(2):139−144.
OPSホーム>投稿・報告 一覧>ツーウェイチューブの固定位置を決定する方法


http://ops.umin.ac.jp/

06.10.28/11:50 AM