OPSホーム>投稿・報告一覧>鼓膜体温計を寒冷暴露することにより生じる測定誤差の検討

AEMLデータページから引っ越してきました

HTMLにまとめて下さいました粥川正彦氏に感謝いたします


原著・投稿

鼓膜体温計を寒冷暴露することにより生じる測定誤差の検討

北海道・留萌消防組合消防本部:著者連緒先:〒077−0021北海道留萌市高砂町3−6−11
   菊池智人・中路和也・柴崎武則
旭川厚生病院麻酔料
   玉川進

  はじめに

 救急活動時において患者の体温を測定するの はバイタルサインの一つとして重要である。以 前は電子体温計のみを使用していたが、体温測 定に時間がかかり、小児や不穏状態の患者の測 定に苦慮した経験があった。我々留萌消防署で 平成9年5月より高規格救急車に積載して活用 している鼓膜体温計は、15℃以上の環境では、 電子体温計や水銀体温計とは違い2秒という早 さでの測定が可能である1)ため、小児や不穏状 態の患者の体温測定には最適である。また、耳 にプローブを挿入することから、服をたくさん 着込んでいる患者にも有用である。測定範囲も 15.6℃から43.3℃1)と、電子体温計では測定不 能な体温まで測定することができる。しかし、 使用環境温度が15℃以下での測定で異常な測 定値を認めたことがあり、冬の長い北海道では 信頼性に欠ける面がある。そこで、環境温度が 鼓膜体温計に及ぼす影響を調査した。 対象と方法  留萌消防署で使用している鼓膜体温計(ジニ アス3000A−03、日本シャーウッド社製、図 1・2)を用いた。

図1拡大

図2拡大

冷蔵庫に鼓膜体温計を30 分以上放置して冷却した。このときの冷蔵庫内 の温度を環境温度とした。次に体温計を取り出 して、室温下で直ちに鼓膜温を測定した。測定 手技は、測定者の利き腕で鼓膜体温計を持ち、 もう一方の手で挿入された側の耳介部を後上方 に引き上げ外耳道を直線化し、反対側の眼球を ねらって鼓膜温計を挿入し測定した。測定者は 著者、被検者は健康な救急隊員3名、測定は1 人につき5秒以内とし、1名測定するごとに冷 蔵庫に30分以上収納して鼓膜体温計を冷却し た。また、鼓膜温測定と同時に腋高温を室温に 放置した電子体温計(C21、テ ルモ社製)を用いて測定した。 電子体温計では信号音が鳴り予 測体温が表示された時点の値を 記録した。環境温度は−20℃か ら24℃まで2℃刻みで測定し た。

 統計処理には回帰分析を用い P<0.05を有意とした。

結果  環境温度一20℃では鼓膜温は 33℃台であった。環境温度の上昇とともに鼓 膜温は有意に上昇し、環境温24℃で37.5℃にな った(図3)。腋窩温の平均値は36.2℃であっ た。

図3拡大

環境温 鼓膜温A 鼓膜温B 鼓膜温C
-2033.83333.2
-1835.235.535.3
-1635.236.235.4
-143636.236
-1236.134.435.4
-1036.436.135.7
-836.236.435.7
-636.235.236.2
-436.135.535.5
-236.436.636.2
036.236.636.1
236.33636.2
436.536.136.3
63735.937
837.935.737.1
1036.536.537.2
1237.53737.6
1437.336.937.7
1637.237.137.1
1837.237.237.5
2037.337.637.4
2237.937.337.7
2437.537.437.5
考察  鼓膜は内頚動脈により潅流されており、その 温度は体温中枢である視床下部温を反映すると いわれている2)。また肺動脈温を対象とした場 合、鼓膜温と肺動脈温はほぼ一致し、腋窩温に 比べてばらつきが少ないことも示されている3)。 今回我々が用いた鼓膜体温計は、鼓膜から放射 される赤外線エネルギーを測定し体温に換算す るものである。

 救急隊が鼓膜体温計を体温測定に用いる場 合、大きな障害となるのが環境温度の制限であ る。救急隊が体温計を用いる現場の気温状況は 様々で、北海道などの気温の低い地域では、冬 期間になると15.6℃を気温が下回る。ジニアス 鼓膜体温計は使用環境温度として15.6℃から 35.0℃までしか保証していないものの、保管環 境温度として一20℃から50℃と広い範囲での 保管を認めている1〉ため、真冬に外気に暴して も使用環境温度が適切ならば正確な値が出るは ずである。ところが、我々の結果では体温計が 暴露される温度が低ければ低いほど表示される 鼓膜温も低くなった。これは冷却されたプロー ブにより外耳道が冷やされるためと考えられ る。

 赤外線式鼓膜体温計の実測値は鼓膜とその周 辺粘膜の平均温である4)ため、一部分が冷やさ れると表示値が低下してしまう。亀山ら5)は氷 枕によって鼓膜体温計の値に変化が出ることを 示しており、耳介に冷たいものを当てるだけで も測定値は信頼できなくなるため注意が必要で ある。また、−20℃の暴露で鼓膜温が−18℃と 比べて大きく低下したことにより、寒冷が赤外 線センサー自体に何らかの影響を及ぼしたこと も否定できない。

 留萌消防署の高規格救急車が待機している車 庫での車内温は1月から3月には12℃から14℃ である。現場に到着する時間を考慮しても、体 温計本体が暖まるには時間が足りず正確な測 定ができない可能性がある。寒冷地では降雪 などにより11月から4月の期間については電 子体温計との併用が望ましいと考える。

結語  鼓膜体温計は環境温度の影響を受ける。こ のため、外気温が使用環境温度を下回る地域 で鼓膜体温計を使用する場合は、電子体温計 の併用が望ましい。 【文献】
1)日本シヤーウッド株式会社:赤外線鼓膜体 温計ジニアス取扱説明書.
2)川嶋隆久:集中治療室でのモニター機器 深部体温測定器(鼓膜温を含む).救急医学 1995;19(10):1449−1452.
3)Erickson RS,Kirklin SK:Comparison of ear-based,bladder,Oral,and axillary methods for core temperature measure− ment.Crit Care Med1993;21(10):1528− 1534.
4)Terndrup TE:An appraisalof tem− Perature aSSeSSment byinfrared emission detection tympanic thermometry.An EmergMed1992;21(12):1483−1492.
5)亀山しおり,相引真幸,香川裕子:ICUに おけるクイックサーモ(R)(MC−500)による 鼓膜温測定の有用性と問題点.ICUとCCU 1994;18(8):831-836.
OPSホーム>投稿・報告 一覧>鼓膜体温計を寒冷暴露することにより生じる測定誤差の検討


http://ops.umin.ac.jp/

06.10.28/11:27 AM