OPSホーム>投稿・報告一覧>手首血圧計の検討

AEMLデータページから引っ越してきました

HTMLにまとめて下さいました粥川正彦氏に感謝いたします


私たちの研究

手首血圧計の検討

旭川市消防本部:著者連絡先:〒070−0037北海道旭川市7条通10丁目
   玉田伸二・川原淳二・工藤淳一1
旭川厚生病院麻酔料
   玉川進

はじめに

 北海道の冬は常に氷点下となり、救急活動の 困難も多い。中でも血圧測定は、傷病者が衣類 を重ね着しており、傷病者及び救急隊員双方に とって困難なものとなっている。被服を脱がせ、 また着せることにより与える動揺と、活動遅延 がその理由である。

 これまで、衣類の上からの測定が検討され、 誤差は少ないとの報告もあるが1)、今回市販の 手首血圧計の有用性について検討してみた。

 なお、本研究は旭川厚生病院において、生涯 研修時に行った。

方 法  寒冷条件下での救急事案は、室内(暖房され 末梢循環が良好)、または屋外(寒冷暴露で末 梢血管が収縮)で発生することから、この2条 件下での検討が考えられるが、本研究では研究 時期が初夏であり、室温環境(約25℃)での み実施した。

 本研究に同意した60歳未満の健康群15名、 入院加療中の60歳以上の冠動脈疾患群15名に 対して、それぞれ収縮期圧及び拡張期圧を上腕 と手首で1回ずつ測定した。

手首血圧計 拡大

 測定器材は、上腕に対してはタイコス製アネ ロイド血圧計、手首には市販のオシロメトリッ ク型手首血圧計(オムロンHEM609,図1)を 使用した。データの検定はStudentのt検定によ り行い、有意水準を5%とした。

結 果  まず、健康群と冠動脈疾患群について 上腕と手首の比較を行った(表1、表2)。

拡大

 健康群の収縮期圧では+17〜−14mmHg、 拡張期圧では、+10〜−14mmHgの誤差が あった。冠動脈疾患群の収縮期圧では+ 13〜-20mmHg、拡張期圧では+17〜−13 mmHgの誤差があった。

拡大

 検定の結果、健康群の拡張期圧につい て有意に手首値が高かったが(P=0.0104)、 それ以外では有意差は認められなかった。

考 察  救急隊員の間では、手首血圧はあてに ならないというのが通説であったが、そ れは感覚的なものであり実証されてはこ なかった。

 今回研究前に、上腕に対して手首は低 値となり、特に動脈硬化の進んでいる冠 動脈疾患では顕著にみられると予想した が、結果は異なっていた。

 オシロメトリック法は血管振動を捉え る測定方法である。血圧は脈波振幅の変 化をパターン認識して判定し、脈波振幅 が最大となる点が平均血圧に一致する2) ということは解明されているが、拡張期 血圧の判定についての理論的根拠が乏し い2)と言われている。そのため聴診法と の一致性が良くなるよう、マイクロコン ピューターを利用した自動的な分析プロ グラムが用いられて市販されている2)。今 回の測定誤差は+17〜−20mmHgであり、 それを大きいとみるか、許容範囲とみる かは議論のあるところであろう。

 救急現場での血圧測定の意義は、ショックの ような低血圧、または、脳圧亢進をはじめとす る高血圧時、そして経時的変化といったところ にあると著者は考えている。

 しかし、救急隊員の処置拡大の中に血圧測定 が含まれ、医師にも認知されるようになった昨 今、患者の重傷・緊急度にかかわらず血圧値の 報告を求められることも多くなった。

 著者は、今回の結果から自覚及び他覚症状か らみて安定状態にあり、かつ脈拍が橈骨動脈で 普通に触知されるような傷病者には手首血圧計 が使用可能と考える。加えて、手首血圧計は手 首のみの露出で済むことから、救急車内で継続 観察ができ、問診しながら測定でき、さらに悪 路による振動に対しても上肢を支えることで影 響を緩和できるなど利点も多い。

結論  今回使用した手首血圧計の測定値は、室温 (約25℃)下では上腕値と比較して健康群の拡 張期圧以外には有意差がなかった。しかし、個 別データには誤差の大きなものもあり、使用に あたっては注意が必要である。精度が要求され る症例では、上腕で従来の方法を選択すべきで ある。 【文献】
1)斉藤広幸,加賀谷克則,円山啓司:衣類の上 からの血圧測定の可能性.プレ・ホスピタル・ ケア1995;8(2):34−36.
2)嶋津秀昭:血圧測定はどのように進歩したか. OPE nursing 1995;10(5):12−17.
OPSホーム>投稿・報告 一覧>手首血圧計の検討


http://ops.umin.ac.jp/

06.10.28/3:14 PM