OPSホーム>投稿・報告一覧> 医師に対する病院実習ガイドライン説明の必要性について

AEMLデータページから引っ越してきました

HTMLにまとめて下さいました粥川正彦氏に感謝いたします


私の意見

医師に対する病院実習ガイドライン説明の必要性について

留萌消防組合消防本部:著者連絡先:〒077−0021北海道留萌市高砂町3−6−11
   梅澤卓也・柴崎武則・中路和也・三好正志

はじめに

 平成10年3月、救急救命士の病院内実習検 討委員会から「救急救命士病院実習ガイドライ ン」(以下、ガイドライン)が示された。この ガイドラインは、平成3年の救急救命士制度発 足以来行われてきている救急救命士に対する病 院実習の効果を上げることを目的に策定されて いる。その内容は、問題点、必要性、目的から 始まり、実習項目、経験目標数、実習評価など 詳細に謳われている。しかし、公になってから 2年が経過したがガイドラインが関係者に浸透 しているとは言い難い1)。今回、留萌消防本部 では、留萌市立総合病院での医局会の場を借り て医師にガイドラインを説明する機会を与えら れたので、その経過を考察を加え報告する。 経過  留萌消防本部では平成7年から救急救命士病 院実習を行っている。

 平成8年12月に留萌市立総合病院医局会へ の初めての参加依頼があり、医師全体の中で 「救急救命士制度(法)について」、「救急救命 士とは」、「使用できる資器材は」といった話 をする機会を得た。また、平成9年12月には 救急医学会で発表した事例を紹介している。

 平成10年12月、留萌市立総合病院での医局 会への参加は3回目であり、ガイドライン、 普通救命講習について説明した。

 ガイドラインの説明の目的は、医師らから 何を指導してよいのかわからないといった声 があったことから病院実習の本旨を明らかに し、担当医だけの指導に終わらず各科の医師 からの助言も頂き、より充実した病院実習と したいというところであった。

 当日は、院長、副院長、救急救命士の実習 担当である麻酔科医師をはじめ各科の医師が 参加した。消防側からの参加者は、救急救命 士8名、II課程修了者3名であった。

 まず準備したものはスライドである。言葉 だけでは聞き流されると思い、「救急救命士の 病院実習〜救急救命士の病院実習検討委員会 報告を受けて−」と題して10枚のスライドを 用いた(図1)。

 冒頭では、救急救命士制度及び病院実習の目 的などについて説明を加えた。ガイドラインそ のものの説明だけでは理解を得るのが難しいと 考えたからである。ガイドラインの説明では、 策定の経緯を詳しく説明した。ガイドラインの 内容について説明した後、医師からいくつかの 質問が出た。「救急救命士が病院実習で求めて いることは何か?」、「病院実習をする中で救 急業務の成果は上がっているのか?」などであ り、ガイドラインそのものについての質問はな かった。また、病院実習あるいはガイドライン ヘの批判的な意見は出なかった。

考察  我々は、病院実習あるいは救急出動時の医師 との引継ぎがスムースにいくためには、お互い の存在を認め合っていることが前提であると考 えている。しかし、病院実習において接する医 師は特定の医師に限られており、救急出動時に 接する医師の中には救急救命士の病院実習ある いはその存在が理解されていないと思われる医 師もいると感じた。我々は、このことを重視す るとともに、医師あるいは看護婦らとのコミュ ニケーションの大切さを痛感していた。

 そんな思いが叶ったのか、留萌消防本部にお いてガイドラインの主旨・内容を我々救急救命 士が直接医師に伝える機会が与えられたことは 大変有り難いことであった。

 医局会でガイドラインについて説明する機会 を得られたのは、病院実習や医局会への参加で 救急救命士の存在をアピールできていたこと と、理解のある医師に恵まれたため病院側との コミュニケーションが図れていたからにほかな らないと思う。もし、このようなお膳立てがな ければ医局会には我々救急救命士が参加しては いなかっただろうし、突然ガイドラインの説明 をしたいと申し出ても実現は難しかったであろ う。

 救急救命士制度及び病院実習の目的などにつ いて説明した際の医師の反応は「そんなことわ かっている」、「初めて知った」など様々で、 救急救命士に対する理解度にはかなりの幅があ ると感じた。

 我々は、生涯実習の中である程度自分たちの 意見を採り入れていただき実習してきたが、ガ イドラインの策定に伴い更に有意義な実習が行 えるようになると感じている。

 医局会へ参加していた医師からは「へえ−」 とか「こんなこともできるのか」といった驚き の声も聞こえてきた。特に新しく赴任された医 師の驚きが大きく、救急救命士は何ができるの かが理解されていないようだった。それとは対 照的に、顔見知りの医師は無反応だった。これ は、実習内容が当たり前ととられているためで あろう。

 今回の医局会での説明をきっかけに、病院実 習では主に手術場において各科の医師が直接指 導してくれるようになったり、ガイドラインを 意識して実習項目などを確認しながら指導して いただけるようになった。また、救急出動時の 引継ぎ時には医師からの質問が増えるなど、今 まで以上に我々の引継ぎを聞いてくれるように なったと感じている。

 留萌市立総合病院では救急専属の医師制度が なく、各科の医師が交代で救急当直を行ってい る。1回でも顔合わせあるいは話を聞いてもら うと少しでも良い方向に向かうものだと感じて いる。

結語 1 萌市立総合病院での医局会に参加し、 「病院実習ガイドライン」について説明した。
2 医局会での説明をきっかけに、病院実習 あるいは救急出動時の引継ぎ等がよりスムー スになった。
3 病院側とのコミュニケーションが図れて いたことが医局会参加への大きな要因であ った。
【文献】
1)小林国男,春木正春,岩崎定義,他:救急救 命士の病院実習一中小都市の現状と問題点− プレホスピタル・ケア1999;12(2):54−60.
OPSホーム>投稿・報告 一覧>医師に対する病院実習ガイドライン説明の必要性について


http://ops.umin.ac.jp/