OPSホーム>投稿・報告 一覧> 稚内消防事務組合:村で初めての合同救急研修会を開催!月刊消防 2008;30(7):59

月刊消防2008年7月号 情報のひろば

村で初めての合同救急研修会を開催!

北海道

稚内消防事務組合

消防署猿払(さるふつ)支署では5月22日(木)、村内では初めてとなる救急研修会を開催した。これは消防支署が呼びかけたもので、支署職員・国保病院・村職員・老人施設などから35名が参加した。研修項目はAEDやCPRのほか、病院で使われるマニュアルの除細動器や消防で使われるバキュームスプリントなども加えることによって救急隊と病院の相互理解を促す内容とした。支署では救急医療の質を高めるため次回も開催したいとしている。


OPSホーム>投稿・報告 一覧>稚内消防事務組合:村で初めての合同救急研修会を開催!月刊消防 2008;30(7):59


http://ops.umin.ac.jp/

08.7.4/5:48 PM