OPSホーム>投稿・報告 一覧

投稿・報告 一覧

雑誌 巻(号)通巻 ページ コーナー タイトル 著者
2013 日本臨床救急医学会雑誌 16(5) 656-65 調査・報告 バイスタンダーが一次救命処置を実施した際の ストレスに関する検討 田島 典夫1), 高橋 博之1), 畑中 美穂2), 青木 瑠里3), 井上 保介3)

1) 小牧市消防本部 2) 名城大学人間学部 3) 愛知医科大学医学部地域救急医療学寄附講座

田島典夫様からの提供で掲載しています

2016 プレホスピタル・ケア 29(1)131 46-48 特集 現場滞在時間遅延に影響する因子について 天羽哲郎1、長島淳1、萩原琢1、鈴木良志1、郡山一明2
1埼玉県上尾市消防本部
2救急救命九州研修所
2016 プレホスピタル・ケア 29(1)131 16 こちら自主勉強会 留萌(るもい)管内救急勉強会 玉川進
旭川医療センター病理
2016 プレホスピタル・ケア 29(1)131 90-91 シェアする症例 醤油による自殺企図の1事例 土屋正幸1、横田寿久1、今井 睦1、松田幸司1、硲 智幸1、長沢 博1、大井雅博1、玉川 進2

1紋別地区消防組合消防署興部支署
2独立行政法人国立病院機構 旭川医療センター病理検査科
2013 プレホスピタル・ケア 26(3)115 8-11 私たちの工夫 ストレッチャー・スノー・アタッチメント(SSA)の開発 赤平正淑(あかひらまさよし)、水越敦之(のぶゆき)、八木洋幸
2012 プレホスピタル・ケア 25(1)107 4-7 各地の取り組み 中学校での救命事例:消防にできることを考える 伊勢田浩平、勝原盛、関川直昭、中島光隆、杉本強、斉藤真生、玉川進
2011 プレホスピタル・ケア 24(4)105 私たちの工夫 救命担架レスキューボードの作製 中尾龍幸
2011 プレホスピタル・ケア 24(1)101 65-67 私たちの工夫 救急隊員に対する臨床教育:OSCEの導入について 田中一夫、福島正也、山谷健二、河辺俊太、中村忠大
2011 プレホスピタル・ケア 24(1)101 65-67 私たちの工夫 隊員の肩に付ける輸液ホルダー 赤平正淑、藤田孝幸、水越敦之、八木洋幸、奥平浩之、兼古稔、玉川進
2010 月刊消防 32(10)374 89-91 Discover and experience 体験ブースを活用した社会見学 炭谷貴博
2010 プレホスピタル・ケア 23(2)96 52-56 各地の取り組み 救命講習「小児コース」-2つの課題とその解決法について- 各務圭太、八木俊久、水澤俊介、檜森聡、橋本正儀、山原清一、須貝雅彦
2010 プレホスピタル・ケア 23(2)96 48-50 私たちの研究 静脈路固定時はループを作るべきだが生体では抜去されやすい 池田雅司、阿波祐介、津島勇太、吉田琢哉、佐藤和幸、畑俊一、渡邊孝司、玉川進
2010 プレホスピタル・ケア 23(1)95 52-54 各地の取り組み 倉敷病院前脳卒中スケールは職種を問わず使えて信頼できるスケールである 亀山洋児、渡辺光司、山川 博、長屋 篤、河口 力、小山内 忠、森 克彦、玉川 進
2010 月刊消防 32(1)365 89-91 社会見学に対する工夫 亀山洋児
2010 北海道新聞 2010/1/3(日) 19 生活 救急車呼ぶ判断 ひと目で 小塚由記夫
2009 日刊宗谷 2009/10/25 玉川医師を講師に招く 知来別小の命の授業 日刊宗谷
2009 プレホスピタル・ケア 22(4)92 82-86 研究論文 思春期の高校生に対する救命講習:胸骨圧迫の男女の比較と指導法について。 松田渉、上見崇、伊藤欽悟、玉川進
2009 プレホスピタル・ケア 22(2)90 36-40 研究論文 背部に電極を貼る心電図モニターの有用性 亀井勝彦、高橋竜二、吉田孝一、寺島悠司、宮浦唯史、池野本聖、玉川進
2009 月刊消防 31(5)357 60 情報のひろば 脳卒中病院前救護ミニセミナーを開催! 留萌消防組合
2009 月刊消防 31(1)353 60 情報のひろば エビデンスは俺たちが作る! 南宗谷消防組合消防本部
2009 プレホスピタル・ケア 22(1)89 4-5 グラビア 第17回救急隊員シンポジウム 編集室
2008 月刊消防 30(11)351 60 情報のひろば 「中頓別地域医療懇話会」の勉強会を開催 南宗谷消防組合消防本部
2008 プレホスピタル・ケア 21(4)86 57-63 研究論文 小学2年生までは人を呼び、小学3年生からは力の限り胸骨圧迫をおこなう 炭谷貴博、横山正志、古谷裕一、渡辺光司、鳥田博、玉川進
2008 月刊消防 30(8)347 57 情報のひろば ビデオを用いて自分の胸骨圧迫を検証! 斜里(しゃり)地区消防組合
2008 月刊消防 30(7)346 59 情報のひろば 観察の基本をたたき込め! 美幌(びほろ)・津別(つべつ)広域事務組合
2008 月刊消防 30(7)346 59 情報のひろば 村で初めての合同救急研修会を開催! 稚内消防事務組合
2008 月刊消防 30(2)341 59 情報のひろば 組合で初めての合同訓練を開催 斜里地区消防組合
2007 月刊消防 29(12)340 59 情報のひろば メディカルラリー形式で基本手技を確認! 北留萌消防組合
2007 プレホスピタル・ケア 20(5)81 56-59 私たちの研究 性能が低い聴診器は血圧測定には使用できるが、呼吸音や心音の聴診には不向きである 亀山洋児(稚内地区消防事務組合消防署猿払支署)炭谷貴博(南宗谷消防組合中頓別支署)吉田寿美、川久保悟、井森和夫、田村良昭(南宗谷消防組合枝幸消防署歌登分署)玉川進(旭川医科大学病理学講座腫瘍病理分野)
2007 プレホスピタル・ケア 20(5)81 グラビア4-5 Visual News 小規模消防におけるトリアージ訓練 玉川進
20071 月刊消防 29(10)338 59 情報のひろば 町内の医療関係者を集めトリアージ訓練を開催! 南宗谷消防組合消防本部
2007 月刊消防 29(9)337 59 情報のひろば 消防総合演習を開催! 富良野地区消防組合消防本部
2007 月刊消防 29(8)336 61 情報のひろば 合併後初の救急研修会を開催! 北見地区消防組合消防本部
2007 月刊消防 29(7)335 58 情報のひろば トリアージ集中セミナーを開催! 北留萌消防組合消防本部
2007 Simoom Emergency life-saving technisian(北海道ハイテクノロジー専門学校救急救命士学科機関誌) 12(1)12 5-8 Close up 北後志消防組合余市消防署 野村利明
2007 月刊消防 29(6)通巻334 57 情報のひろば ドクターヘリシンポジウムを開催! 富良野地区消防組合消防本部
2007 月刊消防 29(5)通巻333 58 情報のひろば 参観日に心配蘇生法を体験! 大雪消防組合消防本部
2007 プレホスピタル・ケア 20(2)通巻78 43-5 私たちの研究 習った速度はいつか忘れる-普通救命講習でのメトロノームの有用性と反復訓練の重要性について- 渡辺光司(稚内地区消防組合消防署猿払支署)、吉田寿美(南宗谷消防組合枝幸消防署歌登分署)、玉川進(旭川医科大学病理学講座腫瘍病理分野)
2007 北海道新聞 3月23日(金) 32 富良野版 ドクターヘリに理解を 南富良野 シンポで実例など紹介 高松昌弘
2007 月刊消防 29(2)通巻330 102 情報のひろば 竜巻災害報告会を開催 遠軽地区広域組合消防署佐呂間支署
2007 日刊宗谷 1月24日(水) 1 トップ記事 稚内消防署阿部消防士長 難関1発パス
2007 月刊消防 29(1)通巻329 102 情報のひろば 小学校児童に心臓マッサージを手ほどき 南宗谷消防組合中頓別支署
2006 広報なかとんべつ No.578(2006/12) 5 中頓別町学校だより 中小で救急救命講習会
2006 中小だより Mo.254(12月号) 1 体と命の学習
2006 プレホスピタル・ケア 19(6)通巻76 35-8 私たちの研究 触診法による血圧測定の有用性 亀山洋児(稚内地区消防事務組合消防署猿払支署)、炭谷貴博(南宗谷消防組合中頓別支署)、松田幸司(紋別地区消防組合消防署興部支署)、玉川 進(旭川医科大学第一病理学講座)
2006 月刊消防 28(12)通巻328 102 情報のひろば ガイドライン2005研修会を開催! 留萌消防組合消防署小平支署
2006 日刊宗谷 11/29wed 心肺蘇生にも挑戦
2006 北海道新聞 11/28tue 24 稚内・宗谷 心臓マッサージ児童たち真剣に 竹内博(北海道新聞枝幸支局長)
2006 プレホスピタル・ケア 19(5)通巻75 35-8 私たちの研究 血圧計が替われば測定値も変わる

炭谷貴博(南宗谷消防組合中頓別支署)、亀山洋児(稚内地区消防事務組合消防署猿払支署)、玉川 進(旭川医科大学第一病理学講座)

2006 プレホスピタル・ケア 19(4)通巻74 58-64 救急救命士による救急現場学講座 第39回 救急隊員によるBAT(breathing assist technique)について 若松淳(胆振東部消防組合消防署安平支署)
2006 プレホスピタル・ケア 19(4)通巻74 35-38 私たちの研究 バックボード・バキュームマット・KEDのがレントゲン写真に与える影響と撮影中の装着感について 吉田寿美(南宗谷消防組合枝幸消防署歌登分署)、炭谷貴博(南宗谷消防組合中頓別支署)、今井睦(紋別地区消防組合消防署興部支署)、大井雅博(紋別地区消防組合消防署興部支署)、斉藤隆司(枝幸町国民保険歌登病院放射線科)、玉川進(旭川医科大学病理学講座腫瘍病理分野)
2006 月刊消防 28(8)通巻324 104 情報のひろば 理学療法士による傷病者移送の講習会を開催! 南宗谷消防組合枝幸消防署歌登分署
2006 月刊消防 28(7)通巻323 102 情報のひろば 小児科医を招いて救急勉強会を開催! 紋別地区消防組合消防署
2006 北海道ハイテクノロジー専門学校救急救命士学科広報誌Simoon 11 1-2 特集1 紋別地区消防組合消防署興部支署
JPTECの講習会で本校卒業生が活躍
松田幸司(興部)
村上浩一(興部)
笹井智博(興部)
北海道ハイテクノロジー専門学校救急救命士学科
野村利明
2006 北海道ハイテクノロジー専門学校救急救命士学科広報誌Simoon 11 3-4 特集2 赤平消防署
赤平消防署発
気管挿管の実習を終えて
笹森雅樹(赤平)
北海道ハイテクノロジー専門学校救急救命士学科
野村利明
2006 月刊消防 28-4(320) 102 情報のひろば 実践型の救急隊員研修会を開催! 上川北部消防事務組合
2006 広報びふか 635(平成18年4月号) 7 住民の命を守るために! 美深町広報 前田さん
2006 プレホスピタルケア 19-2(72) グラビア REPORT 第14回全国救急隊員シンポジウム開催 水内清和
2006 Emergency Care 19-5 406 REPORT 第14回全国救急隊員シンポジウム 林美紀・鈴木貴子
2006 名寄新聞 2/24 fri 知識と技術の向上を 中村勤
2006 北都新聞 2/24 fri 美深 救急隊員らが研修会 加藤知草
2006 月刊消防 28-2(318) 104 情報のひろば 心肺蘇生国際ガイドライン2005勉強会を開催! 紋別地区消防組合消防署
2005 プレホスピタルケア 18-6(70) 58-62 事後事例検証 重症熱傷について 事後事例検証会
2005 プレホスピタルケア 18-5(69) 33-35 事例 搬送途中に心室頻拍が心房細動に移行した事例 岡本篤朗、各務圭太、檜森聡、山林雄二、橋本正儀、山原清一(釧路東部消防組合)山崎裕、其田一(市立釧路総合病院救命救急センター)
2005 プレホスピタルケア 18-4(68) 74-78 事後事例検証 熱中症について 事後事例検証会
2005 プレホスピタルケア 18-2(66) 11-16 特集 除細動をめぐる動向
論文から見るAED:一般市民への普及と小児への拡大
玉川進(旭川医科大学第一病理学講座)
2005 プレホスピタルケア 18-2(66) 6-10 特集 除細動をめぐる動向
消防職員へのAED普及に向けた取り組みと展望
炭谷貴博(南宗谷消防組合中頓別支署)
2005 プレホスピタルケア 18-1(65) 36-39 事例 外傷病院前救護プログラムに従って救助隊とともに活動し救命に成功した交通外傷の一例 阿部陽太郎、石村幸、清水武博、市川裕幸、佐藤郁男、坂本幸智、本川宏樹(稚内地区消防事務組合消防署)
2004 プレホスピタルケア 17-6(64) 62-66 事後事例検証 脳出血患者での観察 事後事例検証会
2003 プレホスピタルケア 16-6(58) 64-68 事後事例検証 心筋梗塞患者の病院選定 事後事例検証会
協力:濱口毅(利尻)
2003 プレホスピタルケア 16-2(54) 64-67 事後事例検証 突然死 事後事例検証会
2003 プレホスピタルケア 16-2(54) 40-43 私たちの研究 心電図モニターにおける筋電図混入要因の研究 山田脩(旭川市消防本部南消防署豊岡出張所)、梅田広行(旭川市消防本部北消防署)、松本達雄(旭川市消防本部北消防署永山出張所)、玉川進(旭川医科大学第一病理学講座)
2003 プレホスピタルケア 16-2(54) 36-39 私たちの研究 モニター心電図装着部位の検討 松本達雄(旭川市消防本部北消防署永山出張所)、山田脩(旭川市消防本部南消防署豊岡出張所)、梅田広行(旭川市消防本部北消防署)、玉川進(旭川医科大学第一病理学講座)
2003 プレホスピタルケア 16-2(54) 33-35 私たちの研究 胸部近似誘導での電極位置の検討 梅田広行(旭川市消防本部北消防署)、山田脩(旭川市消防本部南消防署豊岡出張所)、松本達雄(旭川市消防本部北消防署永山出張所)、玉川進(旭川医科大学第一病理学講座)
2003 プレホスピタルケア 16(1)通巻53 68-73 救急救命士による救急現場学講座 第18回 冬期間における救急活動について 森出智晴(札幌市消防局)
2003 プレホスピタルケア 16-1(53) 50-51 事例 入浴中の心肺停止で硬直が見られた搬送症例 橋本正儀、各務圭太、檜森聡、岡本篤朗、山林雄二、山原清一(釧路東部消防組合)其田一(市立釧路総合病院救命救急センター)塩野寛(旭川医科大学法医学教室)
2003 プレホスピタルケア 16-1(53) 43-45 私たちの研究 血圧測定におけるマンシェット幅と巻き方の検討 菊地和実(旭川市消防本部北消防署)、宮越敏明(旭川市消防本部南消防署)、玉川進(旭川医科大学第一病理学講座)
2002 プレホスピタルケア 15-6(52) 16-20 特集 都市部以外の救急医療体制を考える
田舎だからできること、田舎でだってできること
大井雅博(紋別地区消防組合消防署興部支署)
2002 プレホスピタルケア 15-6(52) 2-5 特集 都市部以外の救急医療体制を考える
郡部の消防・郡部の救急隊:総論
玉川進(旭川医科大学第一病理学)
2002 日刊宗谷 10/3thu 在宅医療を考える 日刊宗谷
2002 プレホスピタルケア 15- 事後事例検証 呼吸困難の観察と処置について 事後事例検証会
2002 プレホスピタルケア 15- 正しい資器材の使い方 マスク保持 山田博司(旭川市南消防署豊岡出張所)玉川進(旭川医科大学第一病理学教室)
2002 プレホスピタルケア 15-2(48) 67-69 事後事例検証 急性腹症の観察と処置について 事後事例検証会
2002 プレホスピタルケア 15-2(48) 27-31 私たちの工夫 口頭指導用CPRイラストの作製と電話長掲載の取り組みについて 能祖公二、樋掛弘一、今井博、日村義彦(釧路市消防本部東消防署武佐支署)
2002 プレホスピタルケア 15-1(47) 44-47 私たちの研究 口頭指導用CPRイラストの有用性について 山原清一(釧路東部消防組合)山崎達生、森豊、沼田一成、八幡誠八、野沢秀一(釧路西部消防組合)日村義彦(釧路市消防本部)
2002 プレホスピタルケア 15-1(47) 37-41 私たちの研究 指血圧計は救急現場で使えるか 今井睦、硲智幸、長沢博、大井雅博、矢野政一(紋別地区消防組合消防署興部支署)、玉川進(旭川医科大学第一病理学)
2002 プレホスピタルケア 15-1(47) 34-36 事例 食物アナフィラキシーショックの1事例 硲智幸、大井雅博、松田幸司、今井睦、矢野政一(紋別地区消防組合消防署興部支署)、長谷川有貴子(興部町福祉保健課健康推進係管理栄養士)、服部憲尚(興部町国民健康保険病院内科)、玉川進(旭川医科大学第一病理学講座)
2001 プレホスピタルケア 私の意見 鶴居村の救急体制の構築 高田勝也(釧路西部消防組合鶴居支署)
2001 プレホスピタルケア 14-4(44) 77-79 正しい資器材の使い方 リザーバー付きバッグマスク 小野寺紀幸(旭川市消防本部北消防署)、玉川進(旭川医科大学第一病理学講座)
2000 プレホスピタルケア 13(1)通巻35 79-82 各地の取組み 救急資器材の保守点検 澤口恵生、濱崎利彦、桧森敦司(江別市消防本部)
1999 論文の書き方 医師から見た救急隊員論文 玉川 進(旭川医科大学第一病理学講座)
1999 論文の書き方 論文と私 山本 正(遠軽地区広域組合消防本部)
1999 論文の書き方 Much Difficulties Bring a Bright Future 安田康晴(出雲消防署東部分署)
1999 論文の書き方 論文という薬 澤口恵生(江別市消防本部)
1999 論文の書き方 論文を書いてみて 桑野正行(旭川市消防本部南消防署忠和出張所)
1999 論文の書き方 文章で自分を主張する 大井雅博(紋別地区消防組合消防署興部支署)
1999 論文の書き方 それぞれの感動 中路和也(留萌消防組合消防署)
1999 論文の書き方 論文と私 玉田伸二(旭川市消防本部)
1999 論文の書き方 看護士から見た論文作成についての私見 伊藤太一(可茂消防事務組合消防本部)
1999 論文の書き方 論文と私 梅澤卓也(留萌消防組合消防署)
1999 論文の書き方 論文と私−継承 菊池智人(留萌消防組合消防署)
1999 プレホスピタルケア 12-1(34) 37-39 事例 海中転落し頭部外傷を伴ったCPA傷病者の蘇生事例 葛西信彦、笠嶋雄一、木田良治(北後志消防組合積丹支署)
1997 日刊留萌 11/5日wed 7 社会面 救急救命士が男性の命救う
1996 日刊留萌 11/15 fri 論文が"学術誌"に
1996 日刊留萌 10月初め 留萌消防の中路さん実習成果を発表

AEMLからの引っ越し分
HTMLにまとめて下さいました粥川正彦氏に感謝いたします

(2006-1-11 wed)

(1)プレホスピタルケア
雑誌 号(通巻) ページ コーナー タイトル 著者
1996 プレホスピタルケア 9-4(22) 51-53 原著・投稿 ツーウエイチューブ挿入における咽頭カフ容量とリーク率の変化 梅澤卓也、中路和也、三好正志、柴崎武則、中黒康二、大川寿幸(留萌消防組合消防本部)、玉川進、西條登(留萌市立病院)
1997 プレホスピタルケア 10-1(23) 19-21 事例 気道確保器具の選定に一考を要した頚部損傷例 三好正志、小柳悟、三上勝弘、柴崎武則、中黒康二、大川寿幸(留萌消防組合消防本部)
1997 プレホスピタルケア 10-1(23) 45-46 原著・投稿 ツーウエイチューブ挿入困難の1例−その原因と対応策について− 中路和也、梅澤卓也、三好正志、柴崎武則、中黒康二、大川寿幸(留萌消防組合)玉川進、西條登(留萌市立病院)
1997 プレホスピタルケア 10-2(24) 37-42 原著・投稿 ツーウエイチューブ挿入に関する臨床研究 中路和也、梅澤卓也、三好正志、柴崎武則、(留萌消防組合)玉川進、西條登(留萌市立病院)
1997 プレホスピタルケア 10-2(24) 43-46 原著・投稿 ツーウエイチューブ挿入後における頭位変換とリーク率の変化 梅澤卓也、中路和也、三好正志、柴崎武則、中黒康二、大川寿幸(留萌消防組合消防本部)、玉川進、西條登(留萌市立病院)
1997 プレホスピタルケア 10-4(26) 41-44 原著・投稿 バックマスクにおける酸素流量と吸入酸素濃度の関係 小野寺紀幸、菊地和実(旭川消防本部)玉川進(旭川厚生病院)
1998 プレホスピタルケア 11-1(27) 52-55 原著・投稿 ラリンゲアルマスク挿入における手技検討 矢野博己、宮越俊明、高畑洋司(旭川消防本部) 玉川進(旭川厚生病院)
1998 プレホスピタルケア 11-2(28) 36-38 事例 頭部外傷傷病者に対してショックパンツを装着した1事例 森山靖生、梅澤卓也、三好正志、中黒康二、大川寿幸(留萌消防組合消防本部)
1998 プレホスピタルケア 11-2(28) 42-44 原著投稿 ツーウェイチューブの固定位置を決定する方法 三好正志、梅澤卓也、中路和也、柴崎武則、中黒康二、大川寿幸(留萌消防組合消防本部)玉川進、西條登(留萌市立病院)
1998 プレホスピタルケア 11-3(29) 28-31 事例 急性喉頭蓋炎による窒息の1事例 玉川進(旭川厚生病院)
1998 プレホスピタルケア 11-3(29) 32-34 事例 救急隊到着後に心肺機能停止となった傷病者が社会復帰した1事例 梅澤卓也、森山靖生、三好正志(留萌消防組合消防本部)
1999 プレホスピタルケア 12-1(31) 18-23 講義 論文の書き方 1総論 旭川厚生病院玉川進
1999 プレホスピタルケア 12-1(31) 27-29 私たちの工夫 虚脱した末梢静脈に対する末梢静脈路確保のための工夫 真岩敦、山田博司(旭川市消防本部)玉川進(旭川厚生病院)
1999 プレホスピタルケア 12-1(31) 38-40 原著・投稿 鼓膜体温計を寒冷暴露することにより生じる測定誤差の検討 菊池智人、中路和也、柴崎武則(留萌消防組合消防本部)玉川進(旭川厚生病院)
1999 プレホスピタルケア 12-1(31) 41-46 原著・投稿 マニキュアがパルスオキシメーターに与える影響 西山英世、桑野正行、斉藤拓哉、沢田章秀、児島広勝(旭川市消防本部)玉川進(旭川厚生病院)
1999 プレホスピタルケア 12-1(31) 47-49 原著・投稿 パルスオキシメーターによる血圧の測定について 桑野正行、斉藤拓哉(旭川市消防本部北消防署)玉川進(旭川厚生病院)
1999 プレホスピタルケア 12-2(32) 18-26 講義 論文の書き方 2研究論文(原著) 旭川厚生病院玉川進
1999 プレホスピタルケア 12-2(32) 36-37 私たちの研究 ラリンゲアルマスクを足側から挿入する方法の研究 山田博司、玉川進
1999 プレホスピタルケア 12-3(33) 7-17 講義 論文の書き方 3事例報告 旭川厚生病院玉川進
1999 プレホスピタルケア 12-3(33) 41-44 研究論文 パルスオキシメーターの耳朶・鼻・指用のプローブの中で救急搬送に適したプローブは何か 川原淳二、玉田伸二、工藤淳一(旭川消防本部)玉川進(旭川厚生病院)
1999 プレホスピタルケア 12-3(33) 45-47 研究論文 バッグマスクにリザーバーは付いているか 斉藤拓哉、川原淳二、桑野正行(旭川消防本部)玉川進(旭川厚生病院)
1999 プレホスピタルケア 12-4(34) 30-36 講義 論文の書き方 4学会発表 旭川厚生病院玉川進
1999 プレホスピタルケア 12-4(34) 45-47 私たちの研究 手首血圧計の検討 玉田伸二、川原淳二、工藤淳一(旭川市消防本部)玉川進(旭川厚生病院)
        論文(=事例報告+研究報告)に関するアンケート結果 玉川進(旭川厚生病院)
2000 プレホスピタルケア 13-1(35) 34-36 私たちの研究 救急救命士病院実習ガイドライン評価表を導入して 土田智洋、斉藤洋一(増毛消防)川田勝己(留萌市立病院麻酔科)
2000 プレホスピタルケア 13-1(35) 76-78 各地の取組み 地方における医師からの24時間指示体制の構築について 山本正、中村清冶(遠軽地区広域消防)
2000 プレホスピタルケア 13-2(36) 44-49 研究論文 衣類の上からの血圧の測定について 鈴木晶、児島広勝、杉浦康裕(旭川消防)玉川進(旭川厚生病院)
2000 プレホスピタルケア 13-2(36) 50-53 私の意見 医師に対する病院実習ガイドライン説明の必要性について 梅澤卓也、柴崎武則、中路和也、三好正志(留萌消防)
2000 プレホスピタルケア 13-3(37) 61-63 事例 気道内異物の救命リレー 橋場靖信、松野吉博、三好正志、中路和也、柴崎武則(留萌消防)
2000 プレホスピタルケア 13-3(37) 67-69 私たちの研究 留萌市における救急体制と救急搬送傷病別統計 菊池智人(留萌消防)玉川進(旭川医科大学)
2000 プレホスピタルケア 13-3(37) 70-72 私たちの研究 特定行為指示における衛星電話の利点と欠点 横川正明、水谷修一、深川敏、有働裕妃、椋井義友、岡田伸、野原恵一、遠藤公幸(幌加内消防)
2000 プレホスピタルケア 13-3(37) 50-53 私の意見 田舎の消防職員の小さな一歩 大井雅博(紋別興部)
2000 プレホスピタルケア 13-4(38) 6-9 特集 留萌市における医療機関との取組みについて 中路和也(留萌消防)
2000 プレホスピタルケア 13-5(39) 19-21 私たちの研究 足背動脈を聴取する血圧測定の問題点 宮越俊明、菊地和実(旭川市南消防署)、玉川 進(旭川医科大学)
2000 プレホスピタルケア 13-5(39) 12-13 私たちの工夫 訪問看護を取り入れた救急救命士生涯実習 三上勝弘、森山靖生(留萌消防)
日沼富美子、大館美子(留萌市立病院)
2000 プレホスピタルケア 13-5(39) 29-31 私たちの研究 陰圧をかけ静脈穿刺を確認する方法の検討 杉浦康裕、児島広勝(旭川消防)、玉川 進(旭川医科大学)
2000 プレホスピタルケア 13-6(40) 43-45 私の意見 厳寒地域-北海道留萌市-冬道走行の注意点 松本直樹(留萌消防)
2000 プレホスピタルケア 13-6(40) 46-48 事例 登山中の救急事例 ヘリコプターの有効活用と救命講習普及の重要性について 中井勇人、粥川正彦、平野勝一、寺崎友哉、角田淳、和泉撒也(滝川消防雨竜支署)
2001 プレホスピタルケア 14-1(41) 34-36 私たちの研究 前腕・下腿を用いた血圧測定 児島広勝、杉浦康裕、鈴木晶(旭川消防)、玉川 進(旭川医大)
2001 プレホスピタルケア 14-2(42) 62-65 症例検討セミナー 急性膵炎 玉川 進(旭川医大)
2001 プレホスピタルケア 14-2(42) 51-53 事例 自殺企図を繰り返し、3度目に死亡した自損行為の症例 大塚貴久、川井博士、高田重信、菊地貴代和、鳥井英樹、木村学、工藤朝生(長沼消防)
2001 プレホスピタルケア 14-3(43) 74-75 NEWS WAVE 病院前救護・救急医療勉強会「興部進歩の会」 玉川 進(旭川医大)

(2)月刊消防救急隊員のための基礎講座注:玉川先生からは、雑誌掲載前の原稿をいただいております。ゆえに掲載時に校正削除された分も多々含まれている、またはタイトルが違うなどの、若干の相違点があることをご了解ください。
ページ コーナー タイトル 著者
1999 4 66- 69 連載 救急隊員のための基礎講座(1)観察と問診 玉川進(旭川厚生病院)
1999 5 84- 87 連載 救急隊員のための基礎講座(2)産科・新生児 玉川進(旭川厚生病院)
中路和也(留萌消防)、真岩敦(旭川消防)
1999 6 65- 69 連載 救急隊員のための基礎講座(3)小児科の救急 玉川進(旭川厚生病院)
1999 7 67- 71 連載 救急隊員のための基礎講座(4)循環器内科 玉川進(旭川厚生病院)
中路和也(留萌消防)
1999 8 67- 71 連載 救急隊員のための基礎講座(5)消化器内科 玉川進(旭川厚生病院)
杉浦康裕(旭川消防)
1999 9 83- 86 連載 救急隊員のための基礎講座(6)一般内科の救急 玉川進(旭川厚生病院)
梅澤卓也(留萌消防)矢野博己(旭川消防)
1999 10 83- 87 連載 救急隊員のための基礎講座(7)脳神経外科の救急(1) 玉川進(旭川厚生病院)
工藤淳一(旭川消防)
1999 11 99-103 連載 救急隊員のための基礎講座(8)脳神経外科の救急(2) 玉川進(旭川厚生病院)
玉田伸二(旭川消防)大井雅博(紋別消防 興部支署)
1999 12 100-103 連載 救急隊員のための基礎講座(9)外傷の救急 玉川進(旭川厚生病院)
山田博司(旭川消防)
2000 1 99-103 連載 救急隊員のための基礎講座(10)熱傷・溺水・熱中症 玉川進(旭川厚生病院)
菊池智人(留萌消防)佐藤敏彦(千歳消防)
2000 2 99-103 連載 救急隊員のための基礎講座(11)精神科・中毒 玉川進(旭川厚生病院)
玉田伸二(旭川消防)三好正志(留萌消防)
2000 3 97-101 連載 救急隊員のための基礎講座(12)整形外科・耳鼻科・眼科 玉川進(旭川厚生病院)
森山靖生(留萌消防)粥川正彦(雨竜消防)
      番外 救急隊員のための基礎講座(番外編)昏睡事例 玉川進(旭川厚生病院)
 
その他記事
ページ コーナー タイトル 著者
1999 9 87 コラム 聴診器はいいものを使いましょう 大井雅博(紋別地区 興部支署)
1999 9 95-99   AEML:救急メーリングリストの仲間たち
  〜インターネットを利用した情報交換〜
山田博司(旭川市消防本部)
1999 12 58-64   コンビチューブの安全な挿入方法 中路和也(留萌消防本部)

月刊消防2005年12月号 情報のひろば

月刊消防2005年11月号 情報のひろば

日刊宗谷2005年10月06日

北海道新聞留萌宗谷版2005年10月4日

月刊消防2005年9月号 情報のひろば

月刊消防2005年7月号 情報のひろば

北海道新聞留萌宗谷版2005年5月21日

日刊宗谷2005年5月20日

日刊宗谷2005年5月19日

広報しゃこたん2004年12月号(No516)

日刊宗谷2004年12月11日号

硲智幸・今井睦インタビュー(ウイークリーおこっぺ/つばきの部屋)

広報うたのぼり2001年10月号 No248

北海道新聞 北見・オホーツク版 2001年7月17日

プレホスピタル・ケア2001年14巻3号

広報おこっぺ 2001 4月号 No.475

月刊消防2001年3月号p100「保健婦を交え救急勉強会を開催」紋別地区消防組合(北海道)


OPSホーム>投稿・報告 一覧


http://ops.umin.ac.jp/

16.3.3011:52 AM