OPSホーム>写真集目次>041201置戸町鹿の子温泉

041201置戸町鹿の子温泉

マニアには非常に評価の高い鹿の子温泉

鹿の子温泉 鹿の子荘

0157-54-2008

099-1254 北海道常呂郡置戸町字常元

2004-11-25 sat 17:00

置戸日赤に出張していた時分にはたまに行った、とても思い出深い鹿の子荘の紹介です

置戸町から置戸ダムへ20分ほど走った山間にあります。

今にも落ちそうな橋はそのままですが、既に朽ちていた欄干は新しくなっていました

駐車場につくと、かわいいわんちゃんがお出迎え。

↑なでなですると喜ぶ

入り口は鄙びた旅館

お風呂への廊下

↑のれんをくぐると

いかにもの脱衣所

入浴時間

↑分析表もある。単純泉なんだ。でも湧出量は書いていませんでした

(松田知倫から、アルカリ性温泉であるという指摘を受けました。確かにアルカリ性低張性高温泉と書いてある)

↑サービスパックを一通り見て、さて温泉

浴槽。女風呂とは木製の塀で仕切られているだけ。昔は水車があったようですが今は撤去されています。

奥が女風呂

岩風呂です。

泉質は、単純泉と言いながらもわずかに硫黄の臭いがする、とても柔らかなお湯です。

北見地方にはツルツル系の温泉が数多くありますが、その中でも湯当たりの柔らかさは一番。包まれるようなお湯です。

塩別つるつるも瀬戸瀬もこの柔らかさにはかないません。

温泉好きには、遠回りをしてでも味わってみることをお勧めします。

さらに、日中はまず客がいません。貸し切りの贅沢も味わえます。私の入った時も貸し切りでした。

大浴槽の上に小浴槽があります

これが小浴槽。お湯は初めにここに注がれて、あふれたお湯が大浴槽に溜まります。

小浴場から大浴場を眺める

小浴槽から大浴槽にこのように流れていきます

源泉100% かけ流しです

さらにどういうわけか天井から降りるホースからも

温泉がザンザン捨てられています

洗い場のお湯も温泉。飲んでもおいしい。

↑満足して旅館をあとにするとまた犬が寄ってきました。車のドアを閉めると、寂しそうに見送ってくれました。

置戸日赤病院。お世話になりました。

置戸駅。ふるさと銀河線はもうすぐ廃止になるのでしょうか。

駅横、そば屋の「いなだ屋」とてもおいしいそばを食べさせてくれます。寿司も天ぷらもうまい。


OPSホーム>写真集目次>041201置戸町鹿の子温泉


http://ops.umin.ac.jp/

08.8.29/6:58 PM