OPSホーム>写真集目次>090111全国救急隊員シンポジウム予演会 in なかとんべつ

090111全国救急隊員シンポジウム予演会 in なかとんべつ

外が暗くなってもポスターの文言を直す吉田寿美(歌登)

2009-1-11 sun 18:08

シンポジウムのポスター作りに吉田寿美がやってきました(13:20)

最初は読み合わせ

ほとんどそのままなポスター

まず発表原稿から。ゆうに4分以上かかったので原稿でいらない語句を削る

さらに読んで、原稿をさらに削る。4分になったので

次に指差しながら読むと4分を超えるので

また削る。

原稿を見ながら指差し示説で4分になった

原稿を見ないでやってみる

同じ所で止まる。これでは本番で頭が真っ白になったときには取り返しがつかない

原稿とポスターを眺めてキーワードが必ずポスターに入るようにすると

原稿が飛んでもポスターを見れば思い出す

次はポスターのシェイプアップ。

いらない語句をどんどん取り去って幹だけにする

言葉の定義が間違っていないか「外傷アプローチ」で確認(やらせではありません)

ちなみにどれくらい言葉を減らすかというと

中頓別予演会

完成版。色なし。枠なし。飾りがないのは吉田寿美の趣味

こちらは玉川進が熊本で映すスライド

加湿器の横でどんどん仕上げていく吉田寿美(歌登)

読んでは

作る

こんなに印刷しました

できたら覚える

指差しつつ何度も読んで

覚える

18:16。これで大丈夫でしょう。あとは20回読んで原稿を覚えれば完成です


予演会に参加いただきありがとうございました。

09-1-9 fri 19:09

中頓別消防署

小学生の胸骨圧迫

炭谷貴博(南宗谷消防組合中頓別支署)

一般演題II「応急手当」

1/29 thu 13:30-14:45 第4会場コンベンション2F小ホール

バックボード・バキュームマット・KEDがレントゲン写真に与える影響と撮影中の装着感について

吉田寿美(南宗谷消防組合消防署歌登分署)

ポスターセッションIII発表

1/30 fri 09:00-10:00 第5会場ガレリア1Fフリースペース

救急隊員のための学会発表のポイント

玉川進(旭川医科大学)

ワークショップ

1/30 fri 09:00-10:00 第1会場Dゾーン1F メインホール1700人収容

中頓別小学校の橋本寿子校長がいらっしゃいました。炭谷貴博(中頓別)の発表が小学校で採ったデータなので、それを見にいらっしゃったそうです

20分遅れて開始。開始予定時間直前に救急出動があったためです

この時点ではまだ余裕の吉田寿美(歌登)

炭谷貴博(中頓別)の開会宣言

丸山博光(中頓別)による開会の挨拶

座長挨拶。「予演会です。ここで恥をかけば本番は恥をかかずに済みます。皆さん演者のためだと思って何でも質問してあげて下さい」

「小学生の胸骨圧迫」炭谷貴博(中頓別)

時間超過しました。原稿の読み込みが足りません。質問にもぐだぐだでした。練習しなければ。

「バックボードとレントゲン写真」吉田寿美(歌登)

ポスターです

自信なさげに答える

時間超過(2倍!)結論の言い忘れ。準備していないのがありありと分かります。

ポスター、原稿、読み合わせ。全てやり直し。

「学会発表のしかた」玉川進

渡辺光司(猿払)にスライドを頼みました

中頓別バージョンで30分弱かなと思っていたら28分で終わりました。でも今のままでは盛り上がりもないし分かりづらい。書き直しです。

炭谷貴博(中頓別)

皆さん熱心に聞いて下さいました。

お忙しいところありがとうございました。感謝いたします。本番ではきっちり決めてきます。


OPSホーム>写真集目次>090111全国救急隊員シンポジウム予演会 in なかとんべつ

http://ops.umin.ac.jp/

09.1.11/9:40 PM