OPSホーム>写真集目次>OPS#8勉強会

OPS#8勉強会

撮影は今井睦(強行突破)・吉田寿美(オヤジ)・玉川進


勉強会 在宅医療の基礎(動画) 在宅医療の基礎(スライド) 在宅医療と救急(動画) 在宅医療と救急(スライド) 病院実習での在宅医療教育(動画) 歌登の健康づくり(動画) 歌登の健康づくり(スライド) 「AERU」(スライド) 懇親会(一次会)1    バス  二次会1    三次会1   翌朝

動画コーナー

大谷靖之(看護士・臨床工学士・救急救命士:名寄市立病院臨床工学科)

在宅医療の基礎

山田博司(救急救命士:旭川消防)

在宅医療と救急

三上勝弘(救急救命士:留萌消防)

病院実習での在宅医療教育

棚橋美幸(保健婦:歌登町役場福祉課健康推進係長

予防行政


いよいよ当日を迎えました。歌登消防職員による会場設営は午後3時までには終了しています。玉川進は午後4時に会場入り、座長の澤田成子と講師の大谷靖之工学士の会場入りは午後5時半でした。

続々と会場入りしています。

左端スライド係の松田幸司(興部)一児のパパと中央枝幸の毛ガニ嘉津山修司。右端は留萌の三上勝弘講師。

紋別・西村和彦。今回は国保病院の看護婦さんが病院行事で出席できず一次会はちょっと元気がなかった。
講師席。

一般席。

玉川進OPS幹事長と矢野政一OPS会長

歌登消防・山本正典による開会宣言

興部消防・矢野政一による会長挨拶

発言者をカメラが追う。

玉川進幹事長から今回のシンポの簡単な説明。

歌登国保病院・澤田成子婦長からシンポジストの紹介。左興部消防・大井雅博、中央澤田成子、右旭川消防・菊地和実

左留萌消防・三上勝弘、中央旭川消防・山田博司、右名寄市立病院臨床工学科・大谷靖之

大谷靖之(看護士・臨床工学士・救急救命士:名寄市立病院臨床工学科)

在宅医療の基礎

参加者に基礎的な知識を講義してくれた。

山田博司(救急救命士:旭川消防)

在宅医療と救急

自分と自分の所属の経験を基に、在宅医療患者であっても通常の救急患者と変わらないことを講義した。

大井雅博(標準課程:興部消防)

助言者

(発言機会が少なく申しわけありませんでした)

三上勝弘(救急救命士:留萌消防)

病院実習での在宅医療教育

病院実習のカリキュラムの一環として在宅医療患者への医療サービスを実践している留萌消防の報告。

この演題は数年前に玉川進と共同で作り発表したもので、その当時は普通だなと思っていたが、今回新たに聞き直してみると時代を先取りした先進的な取り組みだったんだと驚いた。

三上救命士はこのネタをひっさげてあちこちで講演しているのである。

真剣に聞く参加者たち

取り組みのきっかけについて、留萌・三好正志による補足説明

棚橋美幸(保健婦:歌登町役場福祉課健康推進係長)

予防行政

現在の歌登町の現状を例えに、健康に過ごすための行政の介入についてわかりやすく講義してくれた。

菊地和実(救急救命士:旭川消防)

旭川救急ボランティアAERU(Asahikawa Emergency Rescue Universal)

消防職員がボランティア・手弁当で個人宅に出向き蘇生法を教える。全国でも例を見ない組織の発足と現在を説明してくれた。

助言者

石川信行(標準課程:南富良野消防)

aeruの果たす役割を簡潔に助言。

大谷講師への質問。


勉強会 在宅医療の基礎(動画) 在宅医療の基礎(スライド) 在宅医療と救急(動画) 在宅医療と救急(スライド) 病院実習での在宅医療教育(動画) 歌登の健康づくり(動画) 歌登の健康づくり(スライド) 「AERU」(スライド) 懇親会(一次会)1    バス  二次会1    三次会1   翌朝
OPSホーム>写真集目次>OPS#8勉強会

07.5.29/9:58 PM