点滴のとりかた・看護婦さん編

北海道・置戸日赤の看護婦さんの点滴手技を見てみよう。

<救命士編へ

翼状針。血管をすくうように針を進めます。

血管に入れば血液が逆流してきます。

はねを固定します。

固定しているところ。

看護婦の奥山さん。

今度はサーフローです。

80歳の老人で、血管が硬く逃げやすくなっています。

駆血帯を巻きます。

片方を蝶結びにして外しやすくしています。

血管を丹念に探します。

指の腹で探っているところ。

さらに探ります。

酒精綿で丹念に拭きます。

左手の親指を皮膚に当てて血管を固定します。

針の持ち方はいろいろです。親指が動いていないことに注目。

老人は皮膚が柔らかく血管が逃げやすいので、針を15-30度に寝かせて穿刺する。

刺しているところ。ゆっくり進める。

人によってはさっと刺したほうが血管が逃げないと言う人もいる。左の親指はがっちり血管を固定している。

逆流が得られたところ。針をさらに寝かせて、老人では5-10度として5mm程度進める。

外筒を右手に持ち換え、外筒をゆっくり進めていく。

外筒の根本まで進めたところ。

このようになる。

針の下に酒精綿を敷く。

内筒を外して点滴チューブを接続する。

接続は外れることがあるのでしっかり押し込む。

こうなる。

点滴の滴下を確認する。

河合看護婦。

うまくいったところ。

固定方法はそこそこで異なるだろう。ここでは置戸の例を示す。切り込みテープを貼る。

タコの足のように外筒に絡ませて固定する。

穿刺部のできあがり。

延長チューブはループを作って固定する。


<救命士編へ

<基本手技項目へ

<OPSホームへ